アイドルアニメというよりも、アイドルと言う題材を扱って学園青春ドラマを描いたと言う感じか。
アイマスのアニメを見て、アニメで描かれるアイドルもよいものだなと思い、ほかのアイドルアニメも視聴してみようという事で、とりあえず人気があって知名度も高いこの作品を視聴してみた。
この作品、まず目につくのが、アイドルが学生をやっているわけではなく、学生がアイドルをやる、という点だ。
どういうことか、というと、この作品世界においては、スクールアイドルという、学生であると同時にアイドルであり、しかもどうやら非商業で仕事にしているわけでもなく、いわば趣味のようなものとしてアイドルをたしなむという、独特の概念が普通に成立しているらしく、アイドルがまだ学生なのではなく、学生がたまたまアイドルをやっているという感じなのだ。
したがってというか、当たり前なのだが、ヒロインたちは全員学生であり、学校内での描写も多く、いや多いどころかほとんどはそうであり、アイドルモノというよりも、学園青春ドラマにアイドルという要素を加味してみたという印象をもたらす。
従って、アイドルという職業を選び取った人間の悩みや悲しみそして喜びが描かれるというよりも、学生がアイドルという題材を選び取って、そしてそれに対して青春を燃焼させるという感じであり、アイドルという題材は例えば他のスポーツであっても代替可能なものに見える。

第1期という事もあり基本的には仲間が集まる描写が本編の大部分を占め、そして、彼女たちがチームとして形を成していくというのがこの作品の見所と言えるだろう。
この点、例えば、アイドルマスターとは対照的で印象深かった。
仲間が集まる、いや、集める過程そのものが物語になっており、しかも、彼女たちはそれぞれに個性的で厄介な性格の持ち主もおり一筋縄ではいかず、そういったヒロインをまるまる一話あるいは二話使っておとしてゆく、というのがこの作品の前半のノリであり、なかなか丁寧に描いているなという感じで、ゆったりした気分で視聴することができた。
ここら辺は結構好印象で、何よりも、キャラクターに対する描写の丁寧さというか、きちんと時間をかけて描写し、きちんと顔見世をするという親切さは良いと思った。
おかげで、登場人物が多すぎて、把握できないなんて事にはならず、九人という人数はやや多いかな?と思わないこともないが、意外に気にならない。
そういった丁寧さや親切さというものはこの作品に対する好印象の大部分をなしている。

仲間が集まって以降は合宿したりライブしたりと、順当に物語が展開してゆくのだが、1クールという事もありやや詰め込みすぎなのではないかと感じた。
ペースそのものが急に早くなったというわけではない、物語の展開がやや早すぎるというか、問題の解決にややと唐突さを感じてしまい、それがやや詰め込みすぎという印象をもたらしたのだろうか。
これは多少説明を要する。
じつをいうと、はなから2クールの作品だと思い込んでいたのに、十話を見終ったあたりで1クールの作品であると知り、これどうするの?、と思ったこと。
この時点で、いわば、この作品に対するひとつの先入観が形成されてしまったようだ。
2クールだと思って山場はまだ先と考えながら視聴していたのに、実は1クールと知り、えっ、となる。
こういったことによってこうむった精神的影響は、作品に対する評価にもどうしても影響を及ぼす。
やや詰め込みすぎなんじゃね、と感じたのは、そういった個人的事情にも大きく左右されているかもしれないということ。
従って、自分がこの作品に対してやや詰め込みすぎと感じたというのは、そういったバイアスがかかった上での感想であり、話半分ぐらいに聞いてくれないと困る、というのがある。

が、しかし、逆のことを言うようだが、そういったバイアスがかかってない状態で視聴したとしても、やや詰め込みすぎと感じた可能性は高いと思う。
問題は、物語のペースにもなく、物語の展開が急というのでもない。
先にも書いたとおりペースそのものは、やや早くなったかなという程度であり、物語の展開そのものも自然というか、そこまで急展開と言うほどではない。
ではなにが問題かというと、問題の解決の仕方、もうそろそろ1クール終わるから問題にケリをつけとかなきゃ感というのがあり、そこがやや気になった。
小鳥のアレにしろなんにしろもう少し引っ張って丁寧に解決してもいいんじゃないの?、と感じてしまったというのがある。

とくに、主人公が終盤トラブルをおこし、落ち込んで、仲間内もギスギスして仲のよい友達ともどこかギクシャクするという展開は、そうさっくり解決してしまっていいのかなと思える「重さ」を感じた。
もう少し引っ張ってねちねちやってもいいんじゃない?、っていう。
なにか、後もうすぐで最終回だからここらで無理にでもけりをつけとかなきゃ、みたいな感じが、画面越しにひしひしと伝わってきてしまい、おかげでやや興ざめな感があった。

とまあ、こんな感じで、手放しで面白いと感じたというわけではないが、総体としてはそこそこ楽しむ事ができたし、学生の青春をアイドルという題材を通してごくごくまっとうに描いたまっすぐな作風は、さわやかで見ていて気持ちがよかった。
とりあえず、2期も見てみるつもり。