カラスっぽいブログ

感想置き場、基本ネタバレなし リンクフリー

カテゴリ: 歴史



タイトルどおりに「歴史」がいつごろ発明され、そしてどんな記述をされたかという、歴史記述の変遷と種類を描いた本。

「歴史」という言葉に対して発明という言葉を使ったが、これはおそらく奇妙な言いまわしとして映るかもしれない、しかし、これには理由がある。
昔読んだこの本と似たようなテーマの本で岡田英弘の「歴史とは何か」という本があり、その中で歴史というものは紙や火薬と同じような発明品であり、「歴史」を発明しなかった民族がいてもおかしくない、みたいなことが書いてあって、深く印象に残った。
その本によると、歴史を「発明」したのは古代中国と古代ギリシャ、具体的に言えば司馬遷とヘロドトスの二人であり、それ以外は基本的に真似である、と。
例えば日本は中国に対抗するために歴史を必要としたし、イスラムはキリスト教圏に対抗するために必要とした。
だから、必要としない民族がいてもおかしくないし、歴史を持たない民族がいてもおかしくない、と。



「歴史意識」とは要するに何故歴史を必要とするのかという動機のことであり、「歴史記述」とは動機に応えてもたらされた記述のスタイルの事だ。
もちろん、「歴史意識」が違えば必然的に「歴史記述」も違ってくる。
この本では意識と記述、このふたつをセットで語ってくれるのでたいへんわかりやすい。
もちろんリブレットで薄い本なので、正直言ってもの足りないという感じはあるが、古代における歴史意識の多様さを、ある程度見渡す事ができる。

特に印象に残ったのは、②メソポタミアとエジプト、におけるもうほんとに萌芽って感じの歴史記述の紹介、これが面白かった。
例えば、出来事で名をつけるってのが、どうやら最も古い歴史記述の形らしい。戦争があった年、とか、疫病があった年、とか。
それが少し発展すると王名表って言って、王が即位してから一年ニ年と数えるようになったりする。
そして、この王名表も地域によって違いがありそれぞれ個性があるというのが面白い。


あんまり、こういったテーマを描いた一般向けの本って見かけないので非常に興味深く読み進めることができた。
分量が薄いのでややもの足りないという感じはあるが、こういったテーマに対する入門書としては充分合格だと思う。
地域ごと文明ごとに、このテーマで一冊ずつ本を出して欲しいと思う、できればリブレットで。



分かり易い紹介と要約
『歴史意識の芽生えと歴史記述の始まり』 たかぱんワイド



amazon e-hon



日本におけるキリスト教あるいは、キリスト教の日本に対する影響と交流というテーマなら本を探すのに苦労することはないだろう。しかし、日本ではなく、中国やインドのとなると、これはなかなか苦労するのではないだろうか。
本書はタイトルどおりに、中国とキリスト教の交流を描いた、珍しい本である。
といっても、リブレットの一冊なので、その「範囲」は限られている。

具体的に言うと、16世紀以降の話に限られる。ネストリウス派の話などは、ほんの一行か二行くらいしか出てこない。そして、中国思想に対するキリスト教の影響というものもほとんど描かれていない。あくまで「交流史」に限定されているという感じで、中国がキリスト教に対しどんな態度を取ったのかということを、年代順に丁寧に語っているという感じだ。
人名にしろ事件名にしろ、初めて聞くものばかりで非常に興味深い内容だ。
特に海禁政策をとり、キリスト教に対して厳しい姿勢をとった日本とは違い、中国のキリスト教に対する態度は開かれており、西洋人であるにもかかわらず役人になった人間もいると聞いてはただ驚くばかりだ。
もちろん、その一方で弾圧されるときはやっぱり弾圧されて、獄に繋がれてしまったりするわけだが、その一方で後世になったら名誉回復されたりするあたり、やはり日本とは違う。

ただ、こういった記述を読んでいて思うのは、なぜ清は近代化に失敗して滅び、近代日本は成功したのか、ということだ。
結末を知らずに、18世紀までの日本と中国の西洋及びキリスト教に対する反応を比べれば、おそらく大抵の人間は、近代化に成功するのは中国(清)であり日本ではないと判断するのではないだろうか。
しかし、結果は逆になった。これはよくよく考えると不思議なことではないだろうか?
この本では、そういったテーマには触れるどころか示唆されることさえない、しかし、この本を読んで改めて考えてみるとそういった疑問が湧いたりするのだ。

最後の章においては、西洋に対する中国文化の影響が語られる。
日本の西洋に対する影響というと、文化的・芸術的なものに限られるのだろうが、中国の場合はそれにとどまらず、広い影響を与えたらしい事がわかる。
中国という巨大な文明そのものに対する憧れみたいなものがあったらしく、ヨーロッパ人が中国人を演じたり、中国人が主人公の演劇もあったらしいとは驚きだ。
そして、かつては中国に対して憧れを抱いたヨーロッパ人が、しだいに中国侮蔑へと転じアヘン戦争が勃発する事によって中国にとっての近代が始まる。



タイトルどおりの内容だったので、初めて知ることばかりで面白かった。
通常、キリスト教というと西洋におけるキリスト教か日本におけるキリスト教というテーマになりがちで、日本以外の非キリスト教圏の文明とキリスト教との交流というテーマは、あまり見かけない。
それだけに新鮮な気持ちで読むことが出来たし、もっと他にこういったテーマの本が出ればよいなぁと思った。
「インドとキリスト教」とか、「イスラム圏にとってのキリスト教」とかね、そういうテーマの本をリブレットで出して欲しい。


参考になる
イエズス会と中国知識人/ザビエルの音景


amazon e-hon



まだまだ占いや観相が生きていた古代の時代の物語。一応ジャンル的には歴史小説に属するものの、その読後感はまるで、上質な昔話を読んだような感じがある。数奇なというしかない二人の姉弟の運命を扱った作品で、歴史小説につきものの政治や戦争の話は少なめだが、そのぶん独特の情感にあふれており、新鮮な読感がある。少し大袈裟な言い方をすれば、これは人間の運命を描いた物語だ。だから歴史物語であると同時に、神々は出てこないものの、神話物語のようでもある。塞翁が馬という言葉が好きな人は読むべきだろう、そして、分量的にはやや短めの長編なので、宮城谷入門としてもお勧めだ。

amazon e-hon Kindle Digital e-hon 



実質的には井沢元彦による薩摩史とも言える本。
島津の歴史を薩摩隼人にまでさかのぼって記述し、最後は近代における西郷の死で終わるという内容だが、書きたかったのは幕末における薩摩藩と西郷であり、前半部分は、幕末を描くための前史であり前置きであると、著者は言う。
何故そんなに長い前置きが必要かといえば、ひとつには薩摩藩そのものがたどってきたユニークな歴史にあるし、もうひとつは、現代人には分かりにくい朱子学の毒を、丁寧に説明しなければならないからだ。
というわけで、幕末へ繋がる物語として、古代から江戸末期までの薩摩の歴史が紡がれてゆくわけだが、これが本題でないにも関わらずとても面白い。
薩摩というと、日本史においてはあまり重要な役割を演じない周辺地帯という印象で、幕末における活躍以外で薩摩という土地が話題になったことはないのではないだろうか。
日本史全体からはマイナーといってもいい薩摩史は、初めて知ることも多く新鮮な印象をもたらす、特に、家康はなぜ島津に琉球征服を命令したのか?、という謎に対する井沢元彦の推理が非常に冴えていて、面白かった。

後半あたりからは一転して朱子学の説明に入る、いや正確に言えば、日本史に及ぼした朱子学の毒編とでもいうべきか。
この、朱子学に関する説明は、今までの井沢元彦の著作で散々説明されてきた事なので、特に目新しさはなく、まるで復習のような気分で読み進めた。
もちろん、この朱子学の説明も長い前置きの一部であり、これは西郷の征韓論にも繋がってゆく話なのだが、あまり詳しく書くと購入意欲をそぐかもしれないので、詳しく知りたい人は自分で読んでみてください。

とにかくこの本は、幕末における薩摩藩と西郷にだけ焦点を絞った良書だと思う。
こういった、ある特定の地域にだけ絞った歴史の本というのはあまり見ないので、そういった意味でも新鮮だった。
もちろん、来年から始まる大河ドラマを見据えての出版だろうけど、島津・薩摩・西郷、このうちどれかひとつにでも興味があるならば、読んで損はないと思ったね。

あと最後に、『中韓を滅ぼす儒教の呪縛』でも似たようなこと言ってたけど、
「しかし、ここで私、井沢元彦は断言しておこう。これこそ中国を大きく変えた中国史上最大の事件であると。儒教が新儒教(朱子学)に変わったのも、靖康の変以前と以後で中国人、特に漢民族の考え方が徹底的に変わったからである。若い読者は覚えておいてほしい。五年後になるか一〇年後になるか半世紀後になるかわからないが、この靖康の変が中国を変えた最大の事件であるという意見は今でこそ私の個人的主張に過ぎないが、いずれは学会の定説になるはずである。」(P137)
と書いてあったので一応引用しておきます。(笑)



amazon e-hon

Kindle Digital e-hon 



井沢元彦の儒教にたいする考えの「まとめ」のような本。
正直言って、いままでに井沢元彦の歴史書を読んできた身からすれば、特に目新しい部分は無く、今までの本で語られた儒教に対する見解をわかりやすくまとめた、という印象が強い。
したがって、ここが良いとか、この見解が新鮮だったというのはなく、井沢元彦の儒教に対する考え方をおさらいするという感じの印象だった。

もちろん、井沢元彦をあまり読んだ事が無いという人は、この本を読めば、いろいろと教えられる事が多いだろうし、新鮮な印象を受けるだろう。
そして、儒教や朱子学について知りたいという人にもお勧めだ。
とにかく、井沢元彦という人は、「宗教」をわかりやすく解説させたら抜群に上手い人なので、わかりやすさという点については保証できる。


本の内容についてだが、タイトルとややずれる部分がある。
まず、タイトルに儒教とあるが、この本で取り上げられているのは、古いほうの儒教ではなく新儒教とでもいうべき朱子学のほうだ。
これは著者の解説によれば、
「孔子の説いた儒教ではほのぼのとしていたことを、新儒教はもの凄く極端にしてしまった」(P47~P48)
のだそうだ。

それともう一つ、中韓とあるが、中韓よりも日本の話が多く、全体の3分の2以上を占める。
従って、この本のタイトルを内容に即して名付けるならば、「日本における朱子学の毒」なんかが適当じゃないかな、と思う。
本と中身が若干ずれることは時たま見受けられるが、商売のためには仕方が無いとはいえ、もう少し正確なタイトルをつけるようにしてほしい。



あと最後に、井沢さんがこの本の中で、
「この一連の悲劇を靖康の変(一一二七年)といいます。今はあまり注目されていませんが、今後、中国を変えた大事件としてクローズアップされると、私は確信しています。ぜひ、二〇一七年の時点で井沢がそういっていたとご記憶ください。」(P53~P54)
と書いていたので一応引用しておきます。(笑)



amazon e-hon

Kindle
 Digital e-hon



タイトルどおりマリー・アントワネットを主人公にフランス革命を描いた歴史小説。
アントワネットと王家の運命を縦軸に、サド侯爵や、オリジナルキャラのマルグリッド、暗殺者のシャルロットコルデー、処刑人サムソンなどが登場するが、そういったキャラクターの「出演」が無理なく本筋に絡めてあり、自然に読み通すことができる。

とにかく、普通に面白かった。外国の歴史を題材にした作品なので、ものめずらしさや、はじめて知る史実であるが故の面白さ、という部分もあったかもしれないが。
読みやすさわかりやすさという点について言えば、かなり高い評価を下すことができる。
やはり、作者が日本人という事もあって、日本人向けにわかりやすく書いており、つまるような場面はない。
外国を舞台にした歴史小説と言うと、少しばかり気後れしてしまうかもしれないが、フランス革命という史実を知るに当たって、手ごろで読みやすく、そして面白い小説であり、歴史を知るために小説を読むという層に対しても、遠慮なく勧めることができる。


もちろん主人公はマリー・アントワネットなわけだが、彼女の輿入れから始まり、基本的には彼女中心の物語展開であり、一人の人間の人生を追っかけてゆくという感じなので、複雑さはなく、読みやすい。
フランス革命というものを彼女を取囲む現象として描いており、この小説の副題に、彼女から見たフランス革命、とつけても良いくらいだ。
と、言うのは、中盤以降から、彼女はフランス革命という現象に本格的に巻き込まれてゆくことになるのだが、一読者の印象としては、それが少しばかり唐突というか、気がついたら国民の反感を買っていて、いつの間にか包囲されていた、という感じだったりするのだ。
つまりは、アントワネットの主観と、読者の印象がシンクロする構成になっており、これは計算したものなのかどうかはわからないが、よい効果をもたらしている。

それだけでなく、先にも述べたように、サド侯爵やシャルロットコルデーなどといった脇役が、本筋に無理なく絡む事によって、本筋に彩りを与えており、物語を単調さから救っている。
とにかく、普通に面白かった、良い小説だった。
外国の歴史をてっとりばやく知りたいという欲求に答えてくれるだけでなく、小説としても普通に面白いというのが素晴らしい。
もしかしたら、フランス革命に詳しい人間ならば、いくつかつっこみどころを見つけて冷めてしまうかもしれないが、自分のように、さして詳しくない人間の場合、そういったこともなく普通に楽しめる。
多分だけど、初心者向けの本だと思う、あまり知識がないほうが、楽しめるのかもしれない。



レイヤーという言葉で現代という時代を切ってみせた本。

一見すると現代という時代をハイテクという技術面から読み解いた本に見えるが、ぱらっと目次をめくると、実は世界史の本だという事がわかる。
この本で描かれるのは世界史における、システムの変遷だ。

本は全部から三部からなり、順番に中世・近代・未来となっている。
中世と近代は、今までのシステムを振り返る、いわば復習とも呼べる部分であり、第三部の「未来」を理解するための枕のようなものだ。
だから、という事ではないかもしれないが、非常にわかりやすくコンパクトにまとまっており、人類がどんなシステムの中で生きてきたのかという事がすっと頭に入ってくる。
新書という事もあり、書くことを絞っているからだろう、そのやたらわかりやすい記述は大変素晴らしい。

中世と近代とは、言いかえれば、帝国の時代と国民国家の時代である。
帝国とはどんなシステムであったのか、なぜ国民国家は広まったのか、そして、なぜ国民国家は終わろうとしているのか?
人類が今までどんなシステムを生み出し活用し、そして、放擲していったかという、いわば人類のシステム史が描かれている。
国同士の興亡であるとか、どの帝国が覇権を握ったかだのはさらっと軽く触れるのみで、帝国や国民国家というシステムが、なぜ広まったのか?、なぜ滅びたのか、あるいは滅びつつあるのか、という面にだけ的を絞って記述してある。
国同士の興亡ではなく、文明の興亡でもなく、ここで描かれているのはシステムの興亡史だ。
人類が生み出したシステムも、技術の革新や時代の流れによって変遷してゆく。
では、現代が必要としているシステム、いや、現代を覆いつつあるシステムとはどんなモノだろうか。

著者はそれを<場>とレイヤーという言葉で説明する。
目次にはこうある「第三部 未来――<場>の上でレイヤー化していく世界」(p10)と。
<場>とは何か。
本を読めばたちどころに理解できるが、未読の人にそれを一言二言で説明するのは意外に難しい、しかし、現代人なら誰もがピンと来る概念だと思う。
本の中でも例えとして出されているけれど、例えばパソコンの世界では、Windows
が<場>だったりする。
これはどういう事かと言うと、山があったり谷があったりしてでこぼこしている場所を、Windowsというローラーがガッーとやって、整地してくれたという事だ。
そして、ここでWindowsの役目はおしまい。
後はこの平たい土地で、建物を作るなり金絋を掘るなり皆さん自由にしてください、と。
我々Windowsは<場>を管理したりするけれど、それ以上のことはしないよ、と。
これはべつにWindowsだけではなくてたいていの場所がそうなっている、あるいはそうなりつつあるわけだ。

と、こう書けば<場>がどんな概念がわかってもらえると思う。
そして、著者はこう言う、<場>の世界においてはあらゆるものがレイヤー化する。
レイヤーとは要するに「層」のことね、みんな色んな「層」でできているというわけだ。
一人の人間も、色んな「層」でできている。
国籍とか職業とか趣味とか、いろんな自分の「側面」があるわけだ。
そしてそのいろいろな側面も、人によってウェイトをおいているのが違ったりする。
国籍に重点を置く愛国者もいれば、趣味にウェイトを置くオタクもいたり…、ね。
人間だけじゃなく、色々なコンテンツもそう。


引用
P207
インターネットというインフラのレイヤー。
楽曲や番組、本などが販売されるストアのレイヤー。
どんな音楽や番組が面白いのかという情報が流れる、メディアのレイヤー。
購入した楽曲や番組を、テレビや音楽プレーヤーやスマートフォンやパソコンで楽しむという機器のレイヤー。
そして楽曲や番組そのものというコンテンツのレイヤー。


と、まあこんなふうに、スライスしてみると色々な「層」がでてくるわけだ、そして、このレイヤーの世界には境界は存在しない。
横にガッーと広がっているわけだ、そのかわり、多層的になっている、と。
これも、現代に生きている人間ならば、わりかしイメージしやすいよねってことだ。
わざわざ説明するまでもないというか、まわり見渡してもこんな感じだよね、と。


大体まあこんな感じで、人類の歴史をシステムの変遷にだけ絞って書かれた、大変スマートな新書だ。
とにかくわかりやすく、テーマを絞ってあるだけに無駄な記述がなくて、すいすい読み勧めることができるという、非常に新書らしい新書。



なかなかに説得力のある批判
レイヤー化する世界





amazon e-hon

Kindle 



一応歴史小説の範疇にギリギリはいると思われるが…、解説によると史伝らしい。

小西行長という一人の武将を、想像力をつかって描くというよりも、彼はいったいどんな人間であったかという実像に迫るという感じで、映像作品で言えば映画やドラマよりもドキュメンタリーよりの作品だ。
とっつきはやや悪く、小説のような読みやすさはさすがにないが、資料を引用しつつ、じわじわと小西行長の真相に迫るその手腕は、誠実さを感じる。
また、史観というと大げさかもしれないが、作者独自の視点も光っており、そういったところも読みどころだろう。
歴史小説というよりは、エンタメ度の高い歴史書という感じで、確かにややかたい本ではあるけれど、決して読みにくいという事はなく、小西行長と朝鮮出兵に興味があるのならば、一読して損は無いだろう。

そう、この本の主題は朝鮮出兵である。見ようによっては、小西行長という人物を通して描かれた朝鮮出兵の本といっても決して間違ってはいない。
全体の叙述の割合からしてそうだ。
小西行長が出世する、いわば人生の前半期に当たる描写は全体の約三分の一であり、本の大部分は朝鮮出兵それも、文禄の役が占める。
文禄の役における小西行長といえば、その謎めいた行動、太閤に対する大胆な裏切りが有名だ。
謎は二つある、ひとつはなぜああも大胆な行動を取れたのか、もう一つは露見した際になぜ彼は無事だったのか。
この二つの答は、作中において非常に説得力のある答が提示されているので、興味のある人は呼んでほしい。

さて、作者は行長を面従腹背の人として書く。
あらゆる場所であらゆる場合に板ばさみにあってしまう不幸な人、として描いており、高山右近のような颯爽とした振る舞いができない弱い人としても描いている。
従って、というわけでもないが、人物に対しいまいち魅力を感じなかった。
高山右近のようなさっぱりした人物のほうが格好いいんだよね、その点行長はいまいち小物というか、あんま格好良くない。
へたに美化せずに史実を追求するという姿勢なのだから、当然といえば当然なのかもしれないがやはり、行長に対してあまり魅力を感じなかったおかげで、読後感はやや微妙だったりする。
決してつまらなくは無かったし、いくつか光る部分もあった。
例えば中盤、行長がとあるシーンで「泣く」んだけど、これはとても心に残るシーンだし、終盤においても、行長の努力が大地震で瓦解してしまうという場面があって、歴史というものの持つ面白さを味わう事ができた。
ただ、行長個人に対して魅力を感じたり興味を持ったりするという事はなく、はっきりいって、なんかさえない中年男だなあ、ぐらいにしか思わなかった。

もっとも、これはただたんに相性や好みの問題かも知れず、この作品そのものに欠点を感じるというよりも、俺にとって行長は魅力を感じないキャラだ、という事に過ぎない。従って、小西行長について知りたいとか、そもそも行長が好きだ、といった人には安心してお勧めできる。
ただ、どうしてもひとつツッコんでおきたいのは、作者がキリシタンなおかげで、やっぱり神って偉大ですねめでたしめでたし、みたいな感じの終わり方で、なんとももやもやしてしまったところ。
一人の人間の人生や苦労を、神やら何やらを持ってきてスパッと解釈してしまうという姿勢は、宗教家としては正しいのかもしれないが、信仰に無縁な一般人としては、それでいいの?って思ってしまう。
そんな簡単に解釈されたらたまったもんじゃねぇよ、って思ったりするんだけど…、まあこの場合は行長自身がキリシタンだから、いいのかな。
そんなこんなで、悪くない本なんだけど、ちょこっとだけ目につく宗教臭がやや鼻に付いたかなって感じ。


知人に小西行長がいたら大変だよね、という件
遠藤周作『鉄の首枷』の小西行長の裏切る人の心理



amazon e-hon

Kindle 

このページのトップヘ