カラスっぽいブログ

感想置き場、基本ネタバレなし リンクフリー

カテゴリ: 歴史



吉川弘文館の人物叢書は、そんなに高い値段ではないものの、なんだか雰囲気が専門書っぽいなと敬遠していたが、薄い本なら通読できそうと思いこの本を手に取った。
ページ数はほんの150ページほどで、付録を抜かすと本編は約120ページ、だからというわけでもないが普通に読み通すことができた。
もちろん、これは短いから読みやすいというわけではなくて、本の内容そのものが平明で分かりやすく、ザビエルの人物像が伝わってくるような魅力的な伝記であったことが主たる原因だ。

若干文章が古臭いと感じることがあるものの、読みやすさを阻害することはなく、むしろ文体にたいするよいスパイスになっていると思う。中身についてみても、きちんと物語になっており、枝葉末節を延々と論じるということもなく、普通に読みやすい。
この読みやすさはもしかしたら、本の短さが要請したものかも知れないが、ザビエルの生涯をコンパクトに無駄なくまとめ、しかも読み物として普通に面白いという、コストパフォーマンスならぬページパフォーマンスにすぐれた一冊だと思う。
伝記を読んだ事はほとんどないから比較できないけれど、すぐれた本ではないだろうか。

内容はと言うと、基本的にザビエルの行動を記述しその死まで描くという感じで、彼の神学や思想についてはほぼスルーしてある。どういった信仰を持ちどのような思想を抱いていたか。日本で布教したことによって、その思想に変化があらわれたのか、それとも日本からの思想的影響はほとんどなかったのか、こういったことに関してはほとんど記述がなく、読み終えて不満を感じる人もいるだろう。
分量を考えれば、こういった思い切った選択は止む得ないとは思うが、出来れば、もう少し分厚くなっても良いので、彼の信仰と思想について記述して欲しかったと思う。

とはいえ、著者の文章と描写はなかなかに魅力的で、ザビエルに対する愛着を感じるし、先述したこの本の欠点も見ようによっては余計な事を省いてわかりやすくしてあると捉える事もできるので、あながち欠点ではないのかもしれない。
とにかく、伝奇である歴史書であるという前に、魅力的な読み物であったというのが自分の感想で、ザビエルについて知ることができてよかったというよりも、よい本に出会ったという感じが強い。

amazon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



教科書的なというかモロ教科書な本。
大学の講義で使う事を想定して作られた本なので、一節一節の長さがちょうどよく、長さ的な意味で読みやすい。内容も、基本的には基礎知識の伝達に重きが置かれているため、あまりマニアックな内容に偏することはない。それに、教科書といっても、だらだらと史実を積み重ねるようなタイプの冗長な叙述ではなく、テーマごとに叙述するというタイプなので、読みにくいという事はないし、興味のあるところから読むというスタイルで読み進めることができる。
教科書ではあるが、一応読み物としても合格という感じの本で、すごく面白いという事はないが、だからといって読むのが苦痛というわけではなく、基礎知識を摂取したり事実を確認するうえでは十分役に立つと思う。と言っても、それでもまだ、固有名詞多すぎかな?、と思う部分はある。
これが、古代ギリシャのようなある程度予備知識のある時代だとさして気にならない、しかし、古代エジプトや古代オリエントといった、あまり知識のない時代だと、固有名詞の多さに辟易することがあり、ここはもう少し何とかして欲しかった。

amazon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



辻邦生の背教者ユリアヌスはいつか読もうと思っている歴史小説のひとつなのだけれど、この著者は若い頃にそれを読んで大きい感銘を受けこの研究の道に踏み出した、という人らしい。
いつか読む予定の辻邦生作品の予習で読んでみたというのもあるけれど、それ以上に興味深いと思っていたのは、キリスト教が国教化した後の時代にもかかわらずわざわざ異教を復活したという、空気の読めなさというか、何をやりたいのだこいつは感だ。
一言でいってしまえば反動という事になるだろうし、わざわざ歴史の針を逆に進めるようないまいち建設的とは言えないイメージを持っていて、けれどもしかし一方では、あえてキリスト教にノーを突きつけるその姿勢にはちょっとだけ萌えるものもあったりする。
まあ、たいした知識もないし、そもそもキリスト教を国教化した皇帝の名前も知らないくらいで、さして知識があるとはいえない。だから、要するにイメージといえるようなものもなく、ただ漠然とした興味、街中で見かけたちょっと変わった人に対して、この人はどんな人なんだろうという、その程度のものしか持っていないといえばいえる。

さて、この本の副題には『逸脱のローマ皇帝』とある。
著者はユリアヌスをローマ皇帝のスタンダードから逸脱しまくった存在として描く。
ユリアヌスは宗教的思想的側面から光を当てられることが多いらしいが、この本はあえて彼の統治者としての側面から光を当てていくと著者は述べている。
背教者としてのユリアヌスではなく、皇帝としてのユリアヌス、がこの本の眼目らしい。
おかげで、ユリアヌス初心者の自分でもサクサク読み進めることのできる手軽でコンパクトな良質な伝記に仕上がっていると思う。
宗教的側面に片寄ることなく、生い立ちから死まで、皇帝としての軌跡を描く事に傾注しており、大変読みやすい、生涯が短いからというのもあるが。

この本を読んで持ったユリアヌスに対する印象は、実務能力を持ってしまっている哲学青年、という感じだ。
実務能力のさっぱりない哲学好きの引きこもりだったならば、むしろその方が長生きできて、そこそこ幸せに暮らすことが出来たんじゃなかろうか、という気がする。
また、野心家であると同時に理想家でもあって、哲学的な生き方を民衆に強要しようとするところなんかは、何だかんだ言ってもやっぱり哲学好きの人間なんだな、と。ホントに優秀な政治家ならばそんなアホな事はしないだろうになぁ、と、思ってしまった。
まあそういうところがお茶目というか何というかこの人物の魅力でもありまた、悲劇性を喚起する所以でもあるのだろう。

『背教者ユリアヌス』の予習のつもりで読んだけど、既成のユリアヌス像、特に辻邦生的なユリアヌスに対して少しばかり異を唱えるというスタンスなので、むしろ『背教者ユリアヌス』を読んでからのほうが楽しめたんじゃないか、という気がする。読む順番間違ったかな?
といっても薄っぺらい本で手軽に読めるので、『背教者ユリアヌス』を読了したあとにもう1回読んでみようかな、と思っている。その時はどんな感想を抱くのか、そして、自分の中のユリアヌス像がどんなイメージになっているかが、楽しみだ。

amazon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



茶人利休と秀吉との確執を描いた作品。
勅使河原宏監督作品は初めてなんだけど、予想していたよりもわかりやすく普通に鑑賞する事ができた。もう少しアートっぽい作風なのかなって思ってたんだけど、さいわいそんなことはなく、重厚な歴史映画、という感じ。
ただ、ある程度日本史の知識がないと辛いかなと、思う部分はある。
少なくとも、信長と秀吉に関する基礎知識くらいはないと、ちょっとついていけないかもしれない。従って万人向けとは言い難い内容だが、主人公が利休でテーマが茶道なので、この映画に興味持つ人って、ある程度歴史の知識がある人だと思うんだよね、だからこれくらい不親切でも、まあいいかなという気はする。

秀吉と利休、というテーマを扱った作品というと、真下が監督した『へうげもの』くらいしか知らないので、この作品が利休秀吉作品を扱った作品としてどんな立ち位置なのか、どれくらいの出来なのか、という事は判断できない。しかし、この作品で描かれる利休が、非常に一般的というか、おそらく正統的な利休像であろうことは、自分にもわかる。
基本敬語系で、物静かで、謙虚、という感じの茶人利休を描いており、いかにもという感じだ。
秀吉のほうも秀吉で、非常に秀吉っぽい感じ。
冒頭において二度、秀吉の足元がアップで映されるんだけど、金の足袋をはいているんだよね、いかにも秀吉っぽい。あと、飯の食い方が粗野なところとかも、印象深かった。
要するに、いかにもな成り上がりものとして、利休とは対照的に描かれているわけだが、これも非常に一般的というか、ごくまっとうな秀吉像であり、奇を衒った部分はない。

まあ、要するにおおざっぱにこの作品を説明すると、重厚で正統的な歴史映画っ感じだった。
意外性とかはあんまりないんだけど、画面の持つ美しさと俳優の演技に見ごたえがあり、なかなか面白かった。
特に、山崎努の演じた秀吉は怪演といってもいいくらいの迫力と存在感があり、この人の演ずる秀吉をもっと見たいと思わせる。
利休の弟子の態度に激怒して、処刑を申しつけるシーンなんかは、いかにも権力者って感じの狂気じみた迫力があって印象深い。演技っていうより、顔の迫力がすごいんだよね、顔の演技っていうべきかな。
このシーンだけでなく、全体的に、いかにも最高権力者って感じの、不遜さ我儘さ、そして人の話を聞かないところ(笑)、が良く描かれていて、これは映像作品独自の「感じ」だなあと思ったね。

あと最後にひとつ、すごく印象に残ったのは、松本幸四郎演じる信長がやたら印象に残った。
信長の持つ狂気じみた感じがよく出ており、あの独特の高笑いが耳をついて離れない。
出番はほんの十分かそこらなんだけど、この幸四郎信長はやたら存在感があり目だつ、そして印象に残る。もっと見たいなと思わせる怪演だった。

DVD   amazon e-hon
Blu-ray  amazon e-hon
Amazonビデオ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



リブレットらしい、一つのテーマに絞って書かれた大変わかりやすく読みやすい本。
タイトルにあるとおり、当時のヨーロッパ人の文明観と、その価値観を支えた啓蒙とは何か、について書かれている。

啓蒙とは何か、という要するに当時のヨーロッパで流行っていた考え方をわかりやすく解説したあとに、非ヨーロッパ世界へ広がり行く膨張するヨーロッパについて解説。
そして、彼らヨーロッパ人の目に非ヨーロッパはどう映ったかを「ガリヴァー旅行記」と「ロビンソン・クルーソー」を用いて描き、最後に、彼らの偏見を科学がどう保障したのか?、を書いて終わる。
話の流れ自体がスムーズな上に、余計な要素がなくすらすらと読み進める事ができる、良著といってよいと思う。

この時代のヨーロッパ、彼らの価値観や文明観に興味がある人は読んでみるべきだろう。
特に、なぜ啓蒙のヨーロッパから植民地主義のヨーロッパへ移行してしまったのか、啓蒙と差別は矛盾しないのか?、という疑問を持っている人はぜひ読むべきだと思う。


啓蒙というと要するに、蒙を啓く、ダメな状態からよりよき状態になる、あるいはさせるという感じで、問答無用のプラスの概念というイメージがあると思う。
たいして差別というのは、啓蒙された人間のイメージからは程遠い、むしろ蒙が啓かれていない状態の人間というイメージだ。
この本を読んでそれこそ蒙が啓けたかも知れないなと思ったのは、啓蒙的な世界観が差別を助長しかねないという事、もっと言ってしまえば、啓蒙と差別は表裏一体かもしれないという事で、自身が啓蒙された段階にあるから差別をしないかというと、そうとは限らないわけだ。
この本を読むと、啓蒙という言葉に潜まされた傲慢さに気付くことが出来る。

amazon e-hon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



タイトルどおりに「歴史」がいつごろ発明され、そしてどんな記述をされたかという、歴史記述の変遷と種類を描いた本。

「歴史」という言葉に対して発明という言葉を使ったが、これはおそらく奇妙な言いまわしとして映るかもしれない、しかし、これには理由がある。
昔読んだこの本と似たようなテーマの本で岡田英弘の「歴史とは何か」という本があり、その中で歴史というものは紙や火薬と同じような発明品であり、「歴史」を発明しなかった民族がいてもおかしくない、みたいなことが書いてあって、深く印象に残った。
その本によると、歴史を「発明」したのは古代中国と古代ギリシャ、具体的に言えば司馬遷とヘロドトスの二人であり、それ以外は基本的に真似である、と。
例えば日本は中国に対抗するために歴史を必要としたし、イスラムはキリスト教圏に対抗するために必要とした。
だから、必要としない民族がいてもおかしくないし、歴史を持たない民族がいてもおかしくない、と。



「歴史意識」とは要するに何故歴史を必要とするのかという動機のことであり、「歴史記述」とは動機に応えてもたらされた記述のスタイルの事だ。
もちろん、「歴史意識」が違えば必然的に「歴史記述」も違ってくる。
この本では意識と記述、このふたつをセットで語ってくれるのでたいへんわかりやすい。
もちろんリブレットで薄い本なので、正直言ってもの足りないという感じはあるが、古代における歴史意識の多様さを、ある程度見渡す事ができる。

特に印象に残ったのは、②メソポタミアとエジプト、におけるもうほんとに萌芽って感じの歴史記述の紹介、これが面白かった。
例えば、出来事で名をつけるってのが、どうやら最も古い歴史記述の形らしい。戦争があった年、とか、疫病があった年、とか。
それが少し発展すると王名表って言って、王が即位してから一年ニ年と数えるようになったりする。
そして、この王名表も地域によって違いがありそれぞれ個性があるというのが面白い。


あんまり、こういったテーマを描いた一般向けの本って見かけないので非常に興味深く読み進めることができた。
分量が薄いのでややもの足りないという感じはあるが、こういったテーマに対する入門書としては充分合格だと思う。
地域ごと文明ごとに、このテーマで一冊ずつ本を出して欲しいと思う、できればリブレットで。



分かり易い紹介と要約
『歴史意識の芽生えと歴史記述の始まり』 たかぱんワイド



amazon e-hon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



日本におけるキリスト教あるいは、キリスト教の日本に対する影響と交流というテーマなら本を探すのに苦労することはないだろう。しかし、日本ではなく、中国やインドのとなると、これはなかなか苦労するのではないだろうか。
本書はタイトルどおりに、中国とキリスト教の交流を描いた、珍しい本である。
といっても、リブレットの一冊なので、その「範囲」は限られている。

具体的に言うと、16世紀以降の話に限られる。ネストリウス派の話などは、ほんの一行か二行くらいしか出てこない。そして、中国思想に対するキリスト教の影響というものもほとんど描かれていない。あくまで「交流史」に限定されているという感じで、中国がキリスト教に対しどんな態度を取ったのかということを、年代順に丁寧に語っているという感じだ。
人名にしろ事件名にしろ、初めて聞くものばかりで非常に興味深い内容だ。
特に海禁政策をとり、キリスト教に対して厳しい姿勢をとった日本とは違い、中国のキリスト教に対する態度は開かれており、西洋人であるにもかかわらず役人になった人間もいると聞いてはただ驚くばかりだ。
もちろん、その一方で弾圧されるときはやっぱり弾圧されて、獄に繋がれてしまったりするわけだが、その一方で後世になったら名誉回復されたりするあたり、やはり日本とは違う。

ただ、こういった記述を読んでいて思うのは、なぜ清は近代化に失敗して滅び、近代日本は成功したのか、ということだ。
結末を知らずに、18世紀までの日本と中国の西洋及びキリスト教に対する反応を比べれば、おそらく大抵の人間は、近代化に成功するのは中国(清)であり日本ではないと判断するのではないだろうか。
しかし、結果は逆になった。これはよくよく考えると不思議なことではないだろうか?
この本では、そういったテーマには触れるどころか示唆されることさえない、しかし、この本を読んで改めて考えてみるとそういった疑問が湧いたりするのだ。

最後の章においては、西洋に対する中国文化の影響が語られる。
日本の西洋に対する影響というと、文化的・芸術的なものに限られるのだろうが、中国の場合はそれにとどまらず、広い影響を与えたらしい事がわかる。
中国という巨大な文明そのものに対する憧れみたいなものがあったらしく、ヨーロッパ人が中国人を演じたり、中国人が主人公の演劇もあったらしいとは驚きだ。
そして、かつては中国に対して憧れを抱いたヨーロッパ人が、しだいに中国侮蔑へと転じアヘン戦争が勃発する事によって中国にとっての近代が始まる。



タイトルどおりの内容だったので、初めて知ることばかりで面白かった。
通常、キリスト教というと西洋におけるキリスト教か日本におけるキリスト教というテーマになりがちで、日本以外の非キリスト教圏の文明とキリスト教との交流というテーマは、あまり見かけない。
それだけに新鮮な気持ちで読むことが出来たし、もっと他にこういったテーマの本が出ればよいなぁと思った。
「インドとキリスト教」とか、「イスラム圏にとってのキリスト教」とかね、そういうテーマの本をリブレットで出して欲しい。


参考になる
イエズス会と中国知識人/ザビエルの音景


amazon e-hon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実質的には井沢元彦による薩摩史とも言える本。
島津の歴史を薩摩隼人にまでさかのぼって記述し、最後は近代における西郷の死で終わるという内容だが、書きたかったのは幕末における薩摩藩と西郷であり、前半部分は、幕末を描くための前史であり前置きであると、著者は言う。
何故そんなに長い前置きが必要かといえば、ひとつには薩摩藩そのものがたどってきたユニークな歴史にあるし、もうひとつは、現代人には分かりにくい朱子学の毒を、丁寧に説明しなければならないからだ。
というわけで、幕末へ繋がる物語として、古代から江戸末期までの薩摩の歴史が紡がれてゆくわけだが、これが本題でないにも関わらずとても面白い。
薩摩というと、日本史においてはあまり重要な役割を演じない周辺地帯という印象で、幕末における活躍以外で薩摩という土地が話題になったことはないのではないだろうか。
日本史全体からはマイナーといってもいい薩摩史は、初めて知ることも多く新鮮な印象をもたらす、特に、家康はなぜ島津に琉球征服を命令したのか?、という謎に対する井沢元彦の推理が非常に冴えていて、面白かった。

後半あたりからは一転して朱子学の説明に入る、いや正確に言えば、日本史に及ぼした朱子学の毒編とでもいうべきか。
この、朱子学に関する説明は、今までの井沢元彦の著作で散々説明されてきた事なので、特に目新しさはなく、まるで復習のような気分で読み進めた。
もちろん、この朱子学の説明も長い前置きの一部であり、これは西郷の征韓論にも繋がってゆく話なのだが、あまり詳しく書くと購入意欲をそぐかもしれないので、詳しく知りたい人は自分で読んでみてください。

とにかくこの本は、幕末における薩摩藩と西郷にだけ焦点を絞った良書だと思う。
こういった、ある特定の地域にだけ絞った歴史の本というのはあまり見ないので、そういった意味でも新鮮だった。
もちろん、来年から始まる大河ドラマを見据えての出版だろうけど、島津・薩摩・西郷、このうちどれかひとつにでも興味があるならば、読んで損はないと思ったね。

あと最後に、『中韓を滅ぼす儒教の呪縛』でも似たようなこと言ってたけど、
「しかし、ここで私、井沢元彦は断言しておこう。これこそ中国を大きく変えた中国史上最大の事件であると。儒教が新儒教(朱子学)に変わったのも、靖康の変以前と以後で中国人、特に漢民族の考え方が徹底的に変わったからである。若い読者は覚えておいてほしい。五年後になるか一〇年後になるか半世紀後になるかわからないが、この靖康の変が中国を変えた最大の事件であるという意見は今でこそ私の個人的主張に過ぎないが、いずれは学会の定説になるはずである。」(P137)
と書いてあったので一応引用しておきます。(笑)


紙の本 amazon e-hon honto

電子書籍 Kindle honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ