カラスっぽいブログ

感想置き場、基本ネタバレなし リンクフリー

カテゴリ: 文学



「悪魔」というのは通常実体を持ったものとしてイメージされる事が多い、しかし、この作品の悪魔観は一般的なそれとは違う。

「そう、悪魔は埃に似ています。部屋のなかの埃には私たちはよほど注意しないと絶対に気がつきません。埃は目だたず、わからぬように部屋に溜っていきます。目だたず、わからぬように……目だたず、わからぬように……。悪魔もまたそうです。」(P9)

「まるで埃のように」、これは人間の悪意と言い換えてもそんなに間違ってはいないだろう。
一応ミステリ作品ではあるものの、ミステリという皮を被った他の何かだと思えてしまうのは、おそらく、この作品が悪魔について書かれた小説だからだろう。



ミステリ作品は通常、誰が犯人かという謎が物語を牽引する、この作品も例外ではない。
4人の女医のうち誰が「悪魔」なのか、というのがこの作品における「謎」であり、その謎が読者の興味を繋ぎ、推理させ、物語を牽引し、ページをめくらせる。
読んでいて奇妙に感じてしまうのは、4人の女医のキャラ分けがいまいちできていないというか、見分けにくいところだ。
ある程度個性が設定されてはいるものの、骨はあるけど肉付けに乏しいという感じで、いまいち印象に残らない。
ただ、これも最後まで読むと、きちんとした伏線だったのだなと気づく。

犯人は意外な人物でならなければならない、これはミステリの鉄則だ。
意外な人物でなければ驚きも存在せず、驚きの存在しないミステリなど、果たして何の価値があるのか、という事になってしまう。
そういう意味では、この作品の真犯人に対して意外性を感じることはなく、ミステリとしてはどうかという感想が出てくるのも無理ないことだろう、しかし、自分としてはむしろ、驚きがない事自体が驚きである、と言いたい。
どういうことか。

なぜ真犯人が明かされても驚きがないのか?
それは意外性がないからだ、そしてなぜ意外性がないかといえばそれは、彼女がいかにも犯罪を犯しそうだからではない、4人のうち誰が犯人であっても違和感はないから、だからこそ驚きがないわけだ。
驚きがない事が驚きというのはつまり、心優しい女医たちのうち誰が犯人であっても、一向に違和感がないと思っている自分自身に気づいてしまうという事だ。
だからこそ、この作品には驚きがある、と主張したい。
いつの間にやら、女医の誰が悪魔であろうとおかしくないと、読者に思わせてしまうからだ。



amazon e-hon

Kindle
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まだまだ占いや観相が生きていた古代の時代の物語。一応ジャンル的には歴史小説に属するものの、その読後感はまるで、上質な昔話を読んだような感じがある。数奇なというしかない二人の姉弟の運命を扱った作品で、歴史小説につきものの政治や戦争の話は少なめだが、そのぶん独特の情感にあふれており、新鮮な読感がある。少し大袈裟な言い方をすれば、これは人間の運命を描いた物語だ。だから歴史物語であると同時に、神々は出てこないものの、神話物語のようでもある。塞翁が馬という言葉が好きな人は読むべきだろう、そして、分量的にはやや短めの長編なので、宮城谷入門としてもお勧めだ。

amazon e-hon Kindle
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 ・長さ
ミステリ史上最大にして最長の作品として知られる本作は、長いにもかかわらず長いと感じさせないとても読みやすい作品だった。
おそらく、大多数の人が手にとる前にその長さを目にして躊躇するだろう、しかし、思いのほか、この作品は長いと感じさせない作品だった。
単純に面白いから、というのがその理由だが、不思議なくらいに読者の興味を引っ張り、ぐいぐい読みすすめてしまう奇妙な魅力に溢れている。
特に、一巻と二巻は、それぞれ独立したホラー小説として楽しめる構成になっており、こういった区切りのよさも、読みやすさに貢献しているのだろう。

さて、この作品はなぜこんなにも長いか、だが、あとがきで作者が書いているように、これくらいの規模の謎を描くためには、これだけの長さが必要とされたのだ。
要するに何が言いたいかというと、いたずらに長いだけというわけではなく、むしろ無駄がない引き締まった作品といってもいい、ということだ。
これは本当にもう、読んでくれなきゃ分からない事だけど、読んでいる最中は「長い!」とか「まだ終わらないの?」といったことは全くといってもいいほど感じなかった、すらすら読みすすめてしまう。
これだけ長いにもかかわらず、読者の興味をぐいぐい引っ張る作者の筆力には脱帽するしかない。


・悪の度合

また、真犯人のどうしようもないくらいの悪人っぷりも、もはやここまで来ると清々しいといってもいいくらいの悪っぷりで印象に残った。
悪に見えるけど色々な事情があるっ!、的な相対主義的な言説が全くといってもいいほど通用しないような、どっからどう見ても悪としか言いようのない悪なので、作中で描かれる残虐な殺人事件の数々に見合っており、奇妙な説得力を持っている。
こういった、人情やらヒューマニズムやらをまったく受け付けないような真犯人とその動機は、多少好みの別れる作風なのかもしれない、がしかし、俺は結構好きだ。
「悪」を描いた作品として見ても結構面白い。


・複雑な殺人とシンプルなトリック

ミステリに対する理想のひとつとして、複雑怪奇でとてもではないけれど解けそうにない事件が、シンプルで分かりやすいトリックによって成り立っている、というのがある。
複雑な事件を複雑に解くのならまだしも書くのは容易いだろう、しかし、複雑な事件を支えるのが、拍子抜けするほどシンプルなトリックによって成り立っているというのは、言うは安し行うは難しで、中々見かけないものだ。
この作品は、その理想をかなりの程度実現している。
本作のメイントリックは呆れるくらいに単純で、しかも中々思いつかないような意外性に満ちており、確実に読者を驚かせてくれる。
このメイントリックは、第三部辺りからかなりきわどいヒントを提示してくれるので、推理力に自身のある人は頑張って頭を働かせてみて欲しい、俺は無理だったけどね(笑)。


・まとめ

というわけで、これだけ長いにもかかわらず、全くといってもいいくらいに長いと感じさせず、すいすい読み進めることのできる作品だった。
読む前は、中盤あたりで中だるみしたり、読むのがめんどうくさくなったりするのかなあ、などと思っていたが、まったくそんなことはなかった。
多分、あまりにも長すぎて読むのを躊躇している人は結構いるのだろうが、そういった点に関してはまったく心配ないと断言してもいい。
これだけ長い作品にもかかわらず、長いと感じさせないという稀有な作品なのだから。
そして、全編読み終えると、この作品を表現するにはこれだけの長さが必要とされたということがよく分かってしまう。
だから、長さという点に関してはまったく不満はない、密度の濃い作品だった。

あとは、蘭子シリーズ未読の読者がいきなりこの作品を読んで大丈夫なのか、だが。
多分まあ、大丈夫だと思う。
出来れば一作目から順番に読んだほうがいいとは思うが、いきなりこの作品から読んでも…、理解に苦しんだりすることは…ないはずだ、多分。
ただ、出来れば一作目から読んだほうが理解しやすいと思う、これは何もシナリオやキャラに対する理解が深まるとかそういったことだけではなく、二階堂蘭子シリーズの「長さ」と「ノリ」に慣れてからの方がすらすら読めると思うんだよね、多分。
なので、いきなりこれから読んでも基本的には大丈夫だけど、ある程度蘭子シリーズに慣れたほうが、より楽しみやすいとは思う。

Kindle   第一部 第二部 第三部 第四部
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



二階堂蘭子シリーズは吸血の家から発表順に読み始めたのだけれど、短編長編含めて今までのところこれが一番面白かった。
このシリーズは、実に本格らしい本格と言うか、いかにも探偵小説という感じの直球の作風で、いかにもな探偵小説を読みたいと言う欲求に全力で答えてくれるのが好ましい。
この作品も、見立て殺人からはじまり宗教やオカルトに関する薀蓄、そして怪しげな館に住まう一族と、いかにもそれっぽい要素がふんだんに散りばめられている。

蘭子シリーズを今まで読んできて思ったのは、ミステリとしてしっかりしていると言うだけでなく、物語としてもしっかりしているという事だ。
ミステリ小説としてはもちろん充分合格な上に、それだけでなく、物語としても十分面白いというのが、このシリーズに対して好ましく思っている理由だ。
ときたま、ミステリとしては面白くても、物語としてはまあまあだったりする作品というのに出会ってしまったりするものだが、この蘭子シリーズは、両方の基準を余裕でクリアしている。

ミステリとして面白いだけでなく物語としても面白いものを、というのが、自分がミステリに求めているものなので、どうやらこのシリーズは自分の好みに合致しているようだ。
もちろんミステリオタクにとっては、物語として多少アレでも、ミステリとしての完成度が高ければそれで充分という事になるのかもしれないが。
自分の場合、確かにミステリは好きだが、ミステリオタクを名乗るほど好きではないと言う感じで、ただのファンに過ぎない、従って、あまりにガチガチのミステリ作品を読むとちょっとだけ引いてしまったりすることもある。
その点、この蘭子シリーズは色々な要素(ミステリとしての要素、魅力的な物語としての要素、そしてキャラ萌え)を豪勢にぶち込んだうえで非常にバランスの良い物語に仕上げており、ミステリ作家である以前に小説家としての腕の確かさを感じさせる。


さてこの『悪霊の館』だが、一言でいうと、二階堂風グリーン家殺人事件である。
なので、あの作品が好きなひとは何も言わずにさっさと読むべきである。
僧正殺人事件とグリーン家殺人事件なら後者を選ぶ人間なので、この作品には結構満足した。
殺人事件そのものの猟奇性や派手さもさることながら、舞台となるアロー館の雰囲気、うさんくさい登場人物、そして、読者に恐ろしさを感じさせる真犯人とその動機、そういったものから形作られる雰囲気の禍々しさが、何よりも心地よい。
これは魅力的なミステリである前に一流の物語であり、本格ミステリを敬遠しているような人にも読んで欲しいと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



タイトルどおりマリー・アントワネットを主人公にフランス革命を描いた歴史小説。
アントワネットと王家の運命を縦軸に、サド侯爵や、オリジナルキャラのマルグリッド、暗殺者のシャルロットコルデー、処刑人サムソンなどが登場するが、そういったキャラクターの「出演」が無理なく本筋に絡めてあり、自然に読み通すことができる。

とにかく、普通に面白かった。外国の歴史を題材にした作品なので、ものめずらしさや、はじめて知る史実であるが故の面白さ、という部分もあったかもしれないが。
読みやすさわかりやすさという点について言えば、かなり高い評価を下すことができる。
やはり、作者が日本人という事もあって、日本人向けにわかりやすく書いており、つまるような場面はない。
外国を舞台にした歴史小説と言うと、少しばかり気後れしてしまうかもしれないが、フランス革命という史実を知るに当たって、手ごろで読みやすく、そして面白い小説であり、歴史を知るために小説を読むという層に対しても、遠慮なく勧めることができる。


もちろん主人公はマリー・アントワネットなわけだが、彼女の輿入れから始まり、基本的には彼女中心の物語展開であり、一人の人間の人生を追っかけてゆくという感じなので、複雑さはなく、読みやすい。
フランス革命というものを彼女を取囲む現象として描いており、この小説の副題に、彼女から見たフランス革命、とつけても良いくらいだ。
と、言うのは、中盤以降から、彼女はフランス革命という現象に本格的に巻き込まれてゆくことになるのだが、一読者の印象としては、それが少しばかり唐突というか、気がついたら国民の反感を買っていて、いつの間にか包囲されていた、という感じだったりするのだ。
つまりは、アントワネットの主観と、読者の印象がシンクロする構成になっており、これは計算したものなのかどうかはわからないが、よい効果をもたらしている。

それだけでなく、先にも述べたように、サド侯爵やシャルロットコルデーなどといった脇役が、本筋に無理なく絡む事によって、本筋に彩りを与えており、物語を単調さから救っている。
とにかく、普通に面白かった、良い小説だった。
外国の歴史をてっとりばやく知りたいという欲求に答えてくれるだけでなく、小説としても普通に面白いというのが素晴らしい。
もしかしたら、フランス革命に詳しい人間ならば、いくつかつっこみどころを見つけて冷めてしまうかもしれないが、自分のように、さして詳しくない人間の場合、そういったこともなく普通に楽しめる。
多分だけど、初心者向けの本だと思う、あまり知識がないほうが、楽しめるのかもしれない。
というわけで、フランス革命に興味があって、手ごろな歴史小説を読みたいって思っている人には、手放しで勧めることができる。

amazon
王妃マリー・アントワネット〈上〉 (新潮文庫)
王妃マリー・アントワネット〈下〉 (新潮文庫)

kindle
王妃マリー・アントワネット〈上〉 (新潮文庫)
王妃マリー・アントワネット〈下〉 (新潮文庫)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



なかなか面白い作品だった。
作者の飛鳥部勝則は、自作の絵画を作中において登場させ、それに重要な役割を担わせるという特異な作風の作家らしい。
この人の作品はこれ以外だと、デビュー作の殉教カテリナ車輪くらいしか読んでいないけれど、いずれも面白かった。
さすがは自分で絵を書くだけはあり、絵画に対する薀蓄が多く、それが作中で起こる殺人事件と自然な形で結び付けられているので、読んでいて結構楽しい。
絵画ミステリとでもいうべき独特の作風で、『絵』の意味を読み解きつつ真犯人に迫るという作風は今回も健在だ。

孤島で起きる連続殺人、そして、死体の傍には必ずバベルの塔の絵が…、という感じでいかにも本格ミステリという感じだが、自分の場合、この作品の持つミステリ面よりも人物の魅力に心惹かれるものがあり、謎めいた神秘系ヒロインの志乃ちゃんが心に残った。
冒頭からいきなり登場する彼女だけが、言動がやや電波系で奇妙な印象を読者にもたらす。
この、彼女のもたらす奇妙な印象、その神秘性は、全編を貫通するものであり、彼女自身が1つの謎である。
物語は、連続殺人の謎を解きつつも、平行して彼女の謎も徐々に明かされるという構造になっており、この二つの謎が読者を牽引する。
そして、物語の最期にいたって彼女の言動の謎が明かされるわけだが、それはあまりにもストレートすぎてまったく考え付かないような意外なものだった。
ひねりがまったく無いだけに思いつかないという感じで、お見事。
連続殺人の謎よりも印象に残ってしまった。

とまあそんな感じでミステリとして面白いというのもあるがそれ以上にヒロインの魅力が心に残り、自分にとっては萌える作品だった。
どうやらこの作者は、こういった神秘系ヒロインを書くのが得意らしく(ニコニコ大百科による)、他の作品を読むのが楽しみになった。
とりあえず、神秘系ヒロインと出会いたいって人は読んで損は無いんじゃないかな。



Kindle
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



大友宗麟というと、大砲スキルを持った九州のハゲというイメージくらいしかないのではないか。
戦国時代における武将としてはややマイナーだし、そもそも名前すら知らないという人もいると思う。
これは戦国時代におけるキリシタン大名大友宗麟の生涯を、キリシタン作家が書いた歴史小説である。
で、これは当然のことながら、「宗教」という要素が、どうしたって目につく作品である。
キリシタンがキリシタンを書いたのだから当たり前といえば当たり前だが、そういった歴史小説らしからぬ宗教問答が挟まれているのが、この作品の独自の魅力といえば言えるのかもしれない。

普通歴史小説と言うと、政治・経済・軍事といった天下国家を直接動かすような話題が中心になりがちだ。
なにしろ「歴史」小説なのだから当たり前といえば当たり前で、個人の心を救済する「宗教」が中心になったら、それはもはや別の小説だとつっこまれてしまう可能性が高い。
この作品は、宗教という題材を適度に扱いながらもきちんと歴史小説しているのが、なかなかよいバランスだと思う。
それというのも、この大友宗麟という男の宗教に対する態度が、間接的ではあるにしろ、国の対内政策対外政策に反映してしまうからだろう。
つまり、一個人の内面の問題が、外面の問題として反映するという構造になっており、作者が上手いというよりも、大友宗麟という題材を扱った以上、必然的にそうならざるを得ないのだと思われる。
その上、作者はガチのキリシタンなわけで、題材と作者の相性はぴったりだ。

作者は宗麟を迷う人として描いている。
よく言えばそれは、内面の問題に対して誠実だからということが出来る、しかし、悪く言えば、ただのめんどくさい男である。
おそらくは、戦国武将として生まれたのがよくなかったのかもしれない、作者は、宗麟を不安定な武将として描いている。
ある時期においては頼もしく頼りになるお屋形だが、意気が挫けるととたんに弱気になりしぼんでしまう、そういった心の弱さが描かれており、一人の戦国武将としてよりも、ひとりの弱い人間として描くのが作者の狙いだったかのようにさえ思える。
そんな宗麟の心を震わせるのが宗教である、中でもキリスト教である。
その、宗麟のキリスト教に対する接近の仕方というのも、生ぬるいというか中途半端というか、劇的な要素があまりないので、いまいち絵にならないきらいがある。
実際、作中で宣教師から「熱くもなく冷たくもない、ただ生ぬるい」(新潮文庫 上 P231)と評されてしまったりする。

そういった宗麟の人としての弱さのようなものが、もしこの小説の主題であるならば、確かにこの作品はその主題をきちんと展開できていると思う。
ただ、それが小説としての面白さや楽しさに直接つながっていたかというと、それは別問題で、きちんと作者の思い描く宗麟像を描けていたのだけろうけれど、それが小説としての面白さに直接寄与していないという残念な感じがある。
特に気になったのが、作中に占める宗教関係の話題の割合で、全体の二割くらいという中途半端さ加減は、不満を感じた。
どうせならもう少し、宗教関係のウエイトを増やして、宣教師との問答もページ数を増やし厚みのあるものにして欲しかった。
もう少し、宗教という要素を暴走させてもよかったんじゃないの?って気がする。
この作品そのものが宗麟と同じく生ぬるい感じで、決して悪くはないけれど、かといってすごくよくもないという微妙な感想になってしまう。
いやだからといって決して、読んで損をしたというわけではないんだけど、期待していたのよりはやや下かなあ…と。
同じ宗麟を扱った小説なら、白石一郎の火炎城のほうがよかった、上だった。
あの作品はこれと違い熱い作品で、終わり方もしゃっきりしていて読後感もよく、よい小説を読んだなという余韻に浸ることができた。
なので、宗麟を読みたいなら白石一郎のほうがお勧めなんだけど………、この作品もこの作品で決して悪くはないのでそこそこお勧めする。
ただ、宗教問答とかに期待すると、あれっこれだけ?ってなるかもなので、あんま過度な期待はしないほうがよいと思う。



kindle
王の挽歌(上)
王の挽歌(下)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



本書は、前に感想を書いた同じ著者の『文学の読み方』の応用編とでも言うべき内容なので、出来ればそちらを先に呼んでからこちらを読むことをお勧めする。
この本は確かにゲーム論であり、ドラクエ論でもあるが、前著『文学の読み方』で展開された、物語論あるいはエンタメ論とでもいうべきものを引き継いでおり、前著を読んでからのほうが読みやすいし頭に入りやすいだろうと思われる。




ドラクエが物語であることは間違いがない、しかし、文学と言うと首を捻る人も多かろう。
そもそもに置いてジャンルが違う、小説とゲームだ、一体どこが同じなのか、と。
著者が考える『文学』とは、そういったジャンルを指す名称ではなく、物語のひとつのあり方のようなニュアンスで使われていることが多いため、ここでもしつこく言わせてもらうならば、やはり『文学の読み方』を読んでおいたほうがよい。
といっても、めんどくさいし読みたくないという方もいるだろう、そういった人に説明すると、文学とは錯覚を描くものだというのが、大雑把に言えば著者の主張である。
この場合の錯覚というのは幻想と言い換えてもよいが、この作品はリアルであるという錯覚、あるいは人間が描かれているという錯覚、こういったものこそ文学が与える錯覚である、と。
「文学としての」というのは要するに、ドラクエはプレイヤーに対してどんな錯覚を与えてきたかということであり、ジャンルとしての「文学」にドラクエを取り込もうという事ではない。
その点、タイトルがミスリーディングを誘っているような気がしないでもないが、商業的にはこういった誤解されそうなタイトルのほうがよいという事だろう。

本書は年代順に、ドラクエがどんな変化・進化を辿ってきたかという事を社会の出来事とも絡めながら叙述する。
そしてここでも、『文学の読み方』でも大きく扱われた村上春樹が出てくるが、ドラクエとどんな風に絡むかは、読んでのお楽しみとしたほうがいいだろう。
タイトルに反し以外にまっとうというか常識的な内容で、奇抜なことは書いていないので安心して読み進めることができる。
それは逆に言えば刺激が少ないという事で、正直そこまですごく面白いと感じたわけではないが、決してつまらない本ではないし読む価値があると思う。
これから先、おそらく著者は「錯覚」というキーワードを手に色々な題材に取り組むのだろうが、どんな題材に取り組みのか楽しみだ。


著者による解説
ドラクエは文学作品と似ている⁉ “ドラクエ論”について語ってもらった



amazon e-hon
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ