井沢元彦の儒教にたいする考えの「まとめ」のような本。
正直言って、いままでに井沢元彦の歴史書を読んできた身からすれば、特に目新しい部分は無く、今までの本で語られた儒教に対する見解をわかりやすくまとめた、という印象が強い。
したがって、ここが良いとか、この見解が新鮮だったというのはなく、井沢元彦の儒教に対する考え方をおさらいするという感じの印象だった。

もちろん、井沢元彦をあまり読んだ事が無いという人は、この本を読めば、いろいろと教えられる事が多いだろうし、新鮮な印象を受けるだろう。
そして、儒教や朱子学について知りたいという人にもお勧めだ。
とにかく、井沢元彦という人は、「宗教」をわかりやすく解説させたら抜群に上手い人なので、わかりやすさという点については保証できる。


本の内容についてだが、タイトルとややずれる部分がある。
まず、タイトルに儒教とあるが、この本で取り上げられているのは、古いほうの儒教ではなく新儒教とでもいうべき朱子学のほうだ。
これは著者の解説によれば、
「孔子の説いた儒教ではほのぼのとしていたことを、新儒教はもの凄く極端にしてしまった」(P47~P48)
のだそうだ。

それともう一つ、中韓とあるが、中韓よりも日本の話が多く、全体の3分の2以上を占める。
従って、この本のタイトルを内容に即して名付けるならば、「日本における朱子学の毒」なんかが適当じゃないかな、と思う。
本と中身が若干ずれることは時たま見受けられるが、商売のためには仕方が無いとはいえ、もう少し正確なタイトルをつけるようにしてほしい。



あと最後に、井沢さんがこの本の中で、
「この一連の悲劇を靖康の変(一一二七年)といいます。今はあまり注目されていませんが、今後、中国を変えた大事件としてクローズアップされると、私は確信しています。ぜひ、二〇一七年の時点で井沢がそういっていたとご記憶ください。」(P53~P54)
と書いていたので一応引用しておきます。(笑)



amazon e-hon Kindle