本書は、前に感想を書いた同じ著者の『文学の読み方』の応用編とでも言うべき内容なので、出来ればそちらを先に呼んでからこちらを読むことをお勧めする。
この本は確かにゲーム論であり、ドラクエ論でもあるが、前著『文学の読み方』で展開された、物語論あるいはエンタメ論とでもいうべきものを引き継いでおり、前著を読んでからのほうが読みやすいし頭に入りやすいだろうと思われる。




ドラクエが物語であることは間違いがない、しかし、文学と言うと首を捻る人も多かろう。
そもそもに置いてジャンルが違う、小説とゲームだ、一体どこが同じなのか、と。
著者が考える『文学』とは、そういったジャンルを指す名称ではなく、物語のひとつのあり方のようなニュアンスで使われていることが多いため、ここでもしつこく言わせてもらうならば、やはり『文学の読み方』を読んでおいたほうがよい。
といっても、めんどくさいし読みたくないという方もいるだろう、そういった人に説明すると、文学とは錯覚を描くものだというのが、大雑把に言えば著者の主張である。
この場合の錯覚というのは幻想と言い換えてもよいが、この作品はリアルであるという錯覚、あるいは人間が描かれているという錯覚、こういったものこそ文学が与える錯覚である、と。
「文学としての」というのは要するに、ドラクエはプレイヤーに対してどんな錯覚を与えてきたかということであり、ジャンルとしての「文学」にドラクエを取り込もうという事ではない。
その点、タイトルがミスリーディングを誘っているような気がしないでもないが、商業的にはこういった誤解されそうなタイトルのほうがよいという事だろう。

本書は年代順に、ドラクエがどんな変化・進化を辿ってきたかという事を社会の出来事とも絡めながら叙述する。
そしてここでも、『文学の読み方』でも大きく扱われた村上春樹が出てくるが、ドラクエとどんな風に絡むかは、読んでのお楽しみとしたほうがいいだろう。
タイトルに反し以外にまっとうというか常識的な内容で、奇抜なことは書いていないので安心して読み進めることができる。
それは逆に言えば刺激が少ないという事で、正直そこまですごく面白いと感じたわけではないが、決してつまらない本ではないし読む価値があると思う。
これから先、おそらく著者は「錯覚」というキーワードを手に色々な題材に取り組むのだろうが、どんな題材に取り組みのか楽しみだ。


amazon e-hon