カラスっぽいブログ

感想置き場、基本ネタバレなし リンクフリー



戦時中に作られたプロパガンダ映画という事でやや構えて見始めたものの、なんだか普通に楽しめてしまった。
無論、時代が違うが故の違和感だとか引っかかりだとかはあるものの、基本的には普通に楽しめる青春スポ根映画だった。

スポ根と書いたが、バレーボールやサッカーを題材にしているわけではなく、あくまで、工場における女子たちの勤労の日々が描かれるわけだが、本質はスポ根であって、戦前だろうが戦後だろうが、日本人ってのは変わってないんだなあ~と思わせる映画だった。
この映画に対して、嫌悪感や違和感を持った人は頭の中で題材を変換してみると良い。
工場での勤労をバレーボールだとかに変えて見れは、不思議なくらいに違和感のない、青春感動スポ根映画だという事に気づいてしまうはず。
日本人って変わってないんだなあ~って思ったのはそういうところで、このみんなで一生懸命頑張ります主義みたいなものは、戦前であろうと戦後であろうとまったく揺らいでいない。
確か塩野七生のエッセイだったと思うけど、日本人のこういった一生懸命主義というのは、外国人の目から見るとやや奇異に映るらしく、ちょっと引かれてしまった、などと書いてあったのを記憶している。
日本人としてはあんまピンと来ないし、みんなで一丸となって一生懸命やることの一体どこがいけないのか?、と疑問に思ったりするものだ。

しかし、この作品を見ると、外国人の目から日本人を見るとどう見えるか、という事を疑似体験できる。
戦争中の日本などというのは、現代日本人にとってはなかば異国のようなものだから、そのまるで外国のような場所で、日本的な一生懸命主義というものを見せつけられると、ウーン…となってしまう。
塩野七生が書いてた、外国人が日本人の一生懸命さと団結力を見てちょっと引いてしまうという感覚は、こういう感じなのか、と。
そういう意味で非常に貴重な体験をすることができた、と思ったね。


まあ、そういっためんどくさい事を考えずとも、女子がたくさんでてきてわきゃわきゃしてくれる映画として、普通に楽しめばよいのだろう。
登場人物はやや多く、20人近くも女子がでてくるが、意外にもそんなに気にならないのは、「彼女たち」こそが主人公であって、「彼女たち」の青春を描いた映画だからだ。
もちろん「彼女たち」を代表するような登場人物はいるが、あくまで代表なのであって、「彼女たち」こそが真の主人公だろう。
プロパガンダ映画であるというのを頭から放り出して、あまり深く考えずに「彼女たち」を見守るつもりで鑑賞すれば、普通に楽しめると思う。
ただ、やたら善人ばっかり出てくるところがちょっとどうかって感じだが、この映画は今で言えば、文部省推薦の反戦映画みたいなノリなので、まあ、そこはしょうがないかな、と思う。



DVD  amazon e-hon
Blu-ray amazon e-hon
Amazonビデオ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まあとりあえず面白かったと思います。
あまり深さや重さを感じさせる作品ではなくて、いい意味で軽い作風なので、あんま考えずに寝そべってみたりするのがよいかも。

ストーリーはわかりやすく、キャラクターも判別しやすく、短い時間にストレートなシナリオをぎゅっとつめたって感じだが、この作品はシナリオやキャラを楽しむというよりも、監督の美意識を楽しむ作品なので、小難しいことはたぶんどうでもいいのだ。


まず、誰が見ても目に付くのがその色彩センス。
原色をドカッと豪勢に使い、まるで画面がキャンバスであるかのように色を塗りたくっている。
しかし、原色だからといって、あくが強かったり見ててつらいという事は全然なくて、普通に見やすく、わかりやすくて面白い。
この見やすさ・わかりやすさはストーリーを追う上で云わば追い風のような役割を果たしているのかも知れない、無駄なものをばっさり切り落としたその画面構成は、監督の美意識に酔わせてくれる一方、シナリオ進行の上で最低限のものが配置されているだけなので、あまり頭を使わなくてすむ。
そして、色使いだけでなくセットも特徴的で、抽象の二歩手前位で留まった簡素なセットは、無駄なものがないぶん分かりやすい上に、独特の美しさを持っている。

音楽や歌の使い方もなかなか上手い、真下信者ならばきっと好きになるだろうタイプの使い方だ。
そして、歌の流し方と映像とのハモリ具合がいいというだけでなく、「歌」というものを登場人物の感情表現の一つしてもちいていて、そこが印象に残った。
オペラみたいというわけではないけれど、要所要所において、歌が、登場人物の感情を自然に且つ無理ない形で表現しており、またその使い方・流し方が実に自然で、ミュージカルやオペラのような不自然さは欠片もないところが素晴らしい。

アクションシーンも独特の癖がありなかなか面白かった。
ヤンマーニ風のアクションシーンで、仮に『MADLAX』のヤンマーニ降水確率を100%とすると、この作品は大体20%から30%くらい。
ヤンマーニを気にするほどでもないけれど、時によってヤンマーニするので注意は必要という、それくらいのヤンマーニなんだけど、アクションシーンの合間合間に見かけるヤンマーニが、良いアクセントになっている。


鈴木清順については、その昔、真下に関する文章を読んでいて初めて知り、興味を持って『ピストルオペラ』を見てみたら、ただのオナニー映画で激烈につまらない作品だったので、その後興味を失ってしまった、という経緯がある。
今回、なんとなく鈴木清順のことが気になってこの作品を見てみたんだけど、普通に楽しめる作品でよかった。
『ピストルオペラ』はじじいの時に作った映画なので、たぶん代表作じゃないんだろう、あれを最初に見たのが悪かった。
その点この作品は、現役時代に撮った映画なので、内容はすごくまとも。
難解さは欠片もなく、ごくまっとうなエンタメ映画であり、安心して視聴することが出来た。
すごく面白かったというわけではないけれど、監督独自の美意識が非常に面白く、画面をうっとりしながら眺めたり、歌の使い方の見事さに感嘆しながら聞きほれたり出来たので、そこそこ満足。



amazon e-hon Amazonビデオ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



戦後間もない頃に作られた、貧しい恋人たちの「一日」を描いた作品。
登場人物は少なく、起こる事件も小さい、全体的に小さくまとまっている感じだが、それは悪い意味ではなくよい意味で、良質な小品とでもいうべき、あまり目だたないけれどきらりと光る魅力を持った作品、という感じだ。
黒澤映画というと、時代劇やシリアス現代劇の印象が強いが、こんな感じのなんてことない日常を描いた作品もある、というのが意外だ。

なんてことない、と書いたが、この作品は、なんてことのない日常の風景を劇的に描いており、そこはやはり黒澤映画なのかなあ、と思う。
特に後半においてはそれが顕著で、ロケではなくセットでの撮影であることもあいまって、非常に劇的な、良い意味で作り物らしい感じの画面に仕上がっている。
本来ならばロケで撮りたかったらしいが、色々と都合があってセットになってしまったらしいということ、けれど、セットでなければ、あの作り物めいた美しさは描けなかっただろう。
そういった意味では怪我の功名とでもいうべきシーンで、これに関してはロケでなくセットでよかったと、思っている。


恋人たちの一日を描いた作品という事で、なにやら甘酸っぱい、ロマンチックなシーンばかり続くと思う人もいるだろう、しかし、この作品は戦後の現実を容赦なく描いた作品でもあり、恋人たちの一日の合間合間に、そういったみもふたもない「現実」が差し挟まれる。
小汚い格好をした浮浪児、いかにも悪いことしてお金儲けましたって感じの成金、たかりのプロ、そして焼け野原のあとに立つまばらな建物。
そういった、あまり綺麗とはいえない、現実そのものとしか言いようのないものを描きつつも、決して汚い画面になっていないというのが驚かされる。
そもそもにおいて、主役の二人からして貧乏で、数少ないお金をちまちま使いながらデートをしているのであり、お金に縛られた貧乏臭い一日といえば言える。
そうであるにもかかわらず、二人の一日には独特の美しさがある、現実を容赦なく描きつつも、貧しい恋人たちの美しい一日を描ききった、というところがこの作品の良さだろう。


DVD   amazon e-hon
Blu-ray  amazon e-hon
Amazonビデオ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



リブレットらしい、一つのテーマに絞って書かれた大変わかりやすく読みやすい本。
タイトルにあるとおり、当時のヨーロッパ人の文明観と、その価値観を支えた啓蒙とは何か、について書かれている。

啓蒙とは何か、という要するに当時のヨーロッパで流行っていた考え方をわかりやすく解説したあとに、非ヨーロッパ世界へ広がり行く膨張するヨーロッパについて解説。
そして、彼らヨーロッパ人の目に非ヨーロッパはどう映ったかを「ガリヴァー旅行記」と「ロビンソン・クルーソー」を用いて描き、最後に、彼らの偏見を科学がどう保障したのか?、を書いて終わる。
話の流れ自体がスムーズな上に、余計な要素がなくすらすらと読み進める事ができる、良著といってよいと思う。

この時代のヨーロッパ、彼らの価値観や文明観に興味がある人は読んでみるべきだろう。
特に、なぜ啓蒙のヨーロッパから植民地主義のヨーロッパへ移行してしまったのか、啓蒙と差別は矛盾しないのか?、という疑問を持っている人はぜひ読むべきだと思う。


啓蒙というと要するに、蒙を啓く、ダメな状態からよりよき状態になる、あるいはさせるという感じで、問答無用のプラスの概念というイメージがあると思う。
たいして差別というのは、啓蒙された人間のイメージからは程遠い、むしろ蒙が啓かれていない状態の人間というイメージだ。
この本を読んでそれこそ蒙が啓けたかも知れないなと思ったのは、啓蒙的な世界観が差別を助長しかねないという事、もっと言ってしまえば、啓蒙と差別は表裏一体かもしれないという事で、自身が啓蒙された段階にあるから差別をしないかというと、そうとは限らないわけだ。
この本を読むと、啓蒙という言葉に潜まされた傲慢さに気付くことが出来る。

amazon e-hon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ