カラスっぽいブログ

感想置き場、基本ネタバレなし リンクフリー



日本におけるキリスト教あるいは、キリスト教の日本に対する影響と交流というテーマなら本を探すのに苦労することはないだろう。しかし、日本ではなく、中国やインドのとなると、これはなかなか苦労するのではないだろうか。
本書はタイトルどおりに、中国とキリスト教の交流を描いた、珍しい本である。
といっても、リブレットの一冊なので、その「範囲」は限られている。

具体的に言うと、16世紀以降の話に限られる。ネストリウス派の話などは、ほんの一行か二行くらいしか出てこない。そして、中国思想に対するキリスト教の影響というものもほとんど描かれていない。あくまで「交流史」に限定されているという感じで、中国がキリスト教に対しどんな態度を取ったのかということを、年代順に丁寧に語っているという感じだ。
人名にしろ事件名にしろ、初めて聞くものばかりで非常に興味深い内容だ。
特に海禁政策をとり、キリスト教に対して厳しい姿勢をとった日本とは違い、中国のキリスト教に対する態度は開かれており、西洋人であるにもかかわらず役人になった人間もいると聞いてはただ驚くばかりだ。
もちろん、その一方で弾圧されるときはやっぱり弾圧されて、獄に繋がれてしまったりするわけだが、その一方で後世になったら名誉回復されたりするあたり、やはり日本とは違う。

ただ、こういった記述を読んでいて思うのは、なぜ清は近代化に失敗して滅び、近代日本は成功したのか、ということだ。
結末を知らずに、18世紀までの日本と中国の西洋及びキリスト教に対する反応を比べれば、おそらく大抵の人間は、近代化に成功するのは中国(清)であり日本ではないと判断するのではないだろうか。
しかし、結果は逆になった。これはよくよく考えると不思議なことではないだろうか?
この本では、そういったテーマには触れるどころか示唆されることさえない、しかし、この本を読んで改めて考えてみるとそういった疑問が湧いたりするのだ。

最後の章においては、西洋に対する中国文化の影響が語られる。
日本の西洋に対する影響というと、文化的・芸術的なものに限られるのだろうが、中国の場合はそれにとどまらず、広い影響を与えたらしい事がわかる。
中国という巨大な文明そのものに対する憧れみたいなものがあったらしく、ヨーロッパ人が中国人を演じたり、中国人が主人公の演劇もあったらしいとは驚きだ。
そして、かつては中国に対して憧れを抱いたヨーロッパ人が、しだいに中国侮蔑へと転じアヘン戦争が勃発する事によって中国にとっての近代が始まる。



タイトルどおりの内容だったので、初めて知ることばかりで面白かった。
通常、キリスト教というと西洋におけるキリスト教か日本におけるキリスト教というテーマになりがちで、日本以外の非キリスト教圏の文明とキリスト教との交流というテーマは、あまり見かけない。
それだけに新鮮な気持ちで読むことが出来たし、もっと他にこういったテーマの本が出ればよいなぁと思った。
「インドとキリスト教」とか、「イスラム圏にとってのキリスト教」とかね、そういうテーマの本をリブレットで出して欲しい。


参考になる
イエズス会と中国知識人/ザビエルの音景


amazon e-hon



まだまだ占いや観相が生きていた古代の時代の物語。一応ジャンル的には歴史小説に属するものの、その読後感はまるで、上質な昔話を読んだような感じがある。数奇なというしかない二人の姉弟の運命を扱った作品で、歴史小説につきものの政治や戦争の話は少なめだが、そのぶん独特の情感にあふれており、新鮮な読感がある。少し大袈裟な言い方をすれば、これは人間の運命を描いた物語だ。だから歴史物語であると同時に、神々は出てこないものの、神話物語のようでもある。塞翁が馬という言葉が好きな人は読むべきだろう、そして、分量的にはやや短めの長編なので、宮城谷入門としてもお勧めだ。

amazon e-hon Kindle Digital e-hon 



 ・長さ
ミステリ史上最大にして最長の作品として知られる本作は、長いにもかかわらず長いと感じさせないとても読みやすい作品だった。
おそらく、大多数の人が手にとる前にその長さを目にして躊躇するだろう、しかし、思いのほか、この作品は長いと感じさせない作品だった。
単純に面白いから、というのがその理由だが、不思議なくらいに読者の興味を引っ張り、ぐいぐい読みすすめてしまう奇妙な魅力に溢れている。
特に、一巻と二巻は、それぞれ独立したホラー小説として楽しめる構成になっており、こういった区切りのよさも、読みやすさに貢献しているのだろう。

さて、この作品はなぜこんなにも長いか、だが、あとがきで作者が書いているように、これくらいの規模の謎を描くためには、これだけの長さが必要とされたのだ。
要するに何が言いたいかというと、いたずらに長いだけというわけではなく、むしろ無駄がない引き締まった作品といってもいい、ということだ。
これは本当にもう、読んでくれなきゃ分からない事だけど、読んでいる最中は「長い!」とか「まだ終わらないの?」といったことは全くといってもいいほど感じなかった、すらすら読みすすめてしまう。
これだけ長いにもかかわらず、読者の興味をぐいぐい引っ張る作者の筆力には脱帽するしかない。


・悪の度合

また、真犯人のどうしようもないくらいの悪人っぷりも、もはやここまで来ると清々しいといってもいいくらいの悪っぷりで印象に残った。
悪に見えるけど色々な事情があるっ!、的な相対主義的な言説が全くといってもいいほど通用しないような、どっからどう見ても悪としか言いようのない悪なので、作中で描かれる残虐な殺人事件の数々に見合っており、奇妙な説得力を持っている。
こういった、人情やらヒューマニズムやらをまったく受け付けないような真犯人とその動機は、多少好みの別れる作風なのかもしれない、がしかし、俺は結構好きだ。
「悪」を描いた作品として見ても結構面白い。


・複雑な殺人とシンプルなトリック

ミステリに対する理想のひとつとして、複雑怪奇でとてもではないけれど解けそうにない事件が、シンプルで分かりやすいトリックによって成り立っている、というのがある。
複雑な事件を複雑に解くのならまだしも書くのは容易いだろう、しかし、複雑な事件を支えるのが、拍子抜けするほどシンプルなトリックによって成り立っているというのは、言うは安し行うは難しで、中々見かけないものだ。
この作品は、その理想をかなりの程度実現している。
本作のメイントリックは呆れるくらいに単純で、しかも中々思いつかないような意外性に満ちており、確実に読者を驚かせてくれる。
このメイントリックは、第三部辺りからかなりきわどいヒントを提示してくれるので、推理力に自身のある人は頑張って頭を働かせてみて欲しい、俺は無理だったけどね(笑)。


・まとめ

というわけで、これだけ長いにもかかわらず、全くといってもいいくらいに長いと感じさせず、すいすい読み進めることのできる作品だった。
読む前は、中盤あたりで中だるみしたり、読むのがめんどうくさくなったりするのかなあ、などと思っていたが、まったくそんなことはなかった。
多分、あまりにも長すぎて読むのを躊躇している人は結構いるのだろうが、そういった点に関してはまったく心配ないと断言してもいい。
これだけ長い作品にもかかわらず、長いと感じさせないという稀有な作品なのだから。
そして、全編読み終えると、この作品を表現するにはこれだけの長さが必要とされたということがよく分かってしまう。
だから、長さという点に関してはまったく不満はない、密度の濃い作品だった。

あとは、蘭子シリーズ未読の読者がいきなりこの作品を読んで大丈夫なのか、だが。
多分まあ、大丈夫だと思う。
出来れば一作目から順番に読んだほうがいいとは思うが、いきなりこの作品から読んでも…、理解に苦しんだりすることは…ないはずだ、多分。
ただ、出来れば一作目から読んだほうが理解しやすいと思う、これは何もシナリオやキャラに対する理解が深まるとかそういったことだけではなく、二階堂蘭子シリーズの「長さ」と「ノリ」に慣れてからの方がすらすら読めると思うんだよね、多分。
なので、いきなりこれから読んでも基本的には大丈夫だけど、ある程度蘭子シリーズに慣れたほうが、より楽しみやすいとは思う。

Kindle   第一部 第二部 第三部 第四部
Digital e-hon 第一部 第二部 第三部 第四部



実質的には井沢元彦による薩摩史とも言える本。
島津の歴史を薩摩隼人にまでさかのぼって記述し、最後は近代における西郷の死で終わるという内容だが、書きたかったのは幕末における薩摩藩と西郷であり、前半部分は、幕末を描くための前史であり前置きであると、著者は言う。
何故そんなに長い前置きが必要かといえば、ひとつには薩摩藩そのものがたどってきたユニークな歴史にあるし、もうひとつは、現代人には分かりにくい朱子学の毒を、丁寧に説明しなければならないからだ。
というわけで、幕末へ繋がる物語として、古代から江戸末期までの薩摩の歴史が紡がれてゆくわけだが、これが本題でないにも関わらずとても面白い。
薩摩というと、日本史においてはあまり重要な役割を演じない周辺地帯という印象で、幕末における活躍以外で薩摩という土地が話題になったことはないのではないだろうか。
日本史全体からはマイナーといってもいい薩摩史は、初めて知ることも多く新鮮な印象をもたらす、特に、家康はなぜ島津に琉球征服を命令したのか?、という謎に対する井沢元彦の推理が非常に冴えていて、面白かった。

後半あたりからは一転して朱子学の説明に入る、いや正確に言えば、日本史に及ぼした朱子学の毒編とでもいうべきか。
この、朱子学に関する説明は、今までの井沢元彦の著作で散々説明されてきた事なので、特に目新しさはなく、まるで復習のような気分で読み進めた。
もちろん、この朱子学の説明も長い前置きの一部であり、これは西郷の征韓論にも繋がってゆく話なのだが、あまり詳しく書くと購入意欲をそぐかもしれないので、詳しく知りたい人は自分で読んでみてください。

とにかくこの本は、幕末における薩摩藩と西郷にだけ焦点を絞った良書だと思う。
こういった、ある特定の地域にだけ絞った歴史の本というのはあまり見ないので、そういった意味でも新鮮だった。
もちろん、来年から始まる大河ドラマを見据えての出版だろうけど、島津・薩摩・西郷、このうちどれかひとつにでも興味があるならば、読んで損はないと思ったね。

あと最後に、『中韓を滅ぼす儒教の呪縛』でも似たようなこと言ってたけど、
「しかし、ここで私、井沢元彦は断言しておこう。これこそ中国を大きく変えた中国史上最大の事件であると。儒教が新儒教(朱子学)に変わったのも、靖康の変以前と以後で中国人、特に漢民族の考え方が徹底的に変わったからである。若い読者は覚えておいてほしい。五年後になるか一〇年後になるか半世紀後になるかわからないが、この靖康の変が中国を変えた最大の事件であるという意見は今でこそ私の個人的主張に過ぎないが、いずれは学会の定説になるはずである。」(P137)
と書いてあったので一応引用しておきます。(笑)



amazon e-hon

Kindle Digital e-hon 

このページのトップヘ