カラスっぽいブログ

感想置き場、基本ネタバレなし リンクフリー



吉川弘文館の人物叢書は、そんなに高い値段ではないものの、なんだか雰囲気が専門書っぽいなと敬遠していたが、薄い本なら通読できそうと思いこの本を手に取った。
ページ数はほんの150ページほどで、付録を抜かすと本編は約120ページ、だからというわけでもないが普通に読み通すことができた。
もちろん、これは短いから読みやすいというわけではなくて、本の内容そのものが平明で分かりやすく、ザビエルの人物像が伝わってくるような魅力的な伝記であったことが主たる原因だ。

若干文章が古臭いと感じることがあるものの、読みやすさを阻害することはなく、むしろ文体にたいするよいスパイスになっていると思う。中身についてみても、きちんと物語になっており、枝葉末節を延々と論じるということもなく、普通に読みやすい。
この読みやすさはもしかしたら、本の短さが要請したものかも知れないが、ザビエルの生涯をコンパクトに無駄なくまとめ、しかも読み物として普通に面白いという、コストパフォーマンスならぬページパフォーマンスにすぐれた一冊だと思う。
伝記を読んだ事はほとんどないから比較できないけれど、すぐれた本ではないだろうか。

内容はと言うと、基本的にザビエルの行動を記述しその死まで描くという感じで、彼の神学や思想についてはほぼスルーしてある。どういった信仰を持ちどのような思想を抱いていたか。日本で布教したことによって、その思想に変化があらわれたのか、それとも日本からの思想的影響はほとんどなかったのか、こういったことに関してはほとんど記述がなく、読み終えて不満を感じる人もいるだろう。
分量を考えれば、こういった思い切った選択は止む得ないとは思うが、出来れば、もう少し分厚くなっても良いので、彼の信仰と思想について記述して欲しかったと思う。

とはいえ、著者の文章と描写はなかなかに魅力的で、ザビエルに対する愛着を感じるし、先述したこの本の欠点も見ようによっては余計な事を省いてわかりやすくしてあると捉える事もできるので、あながち欠点ではないのかもしれない。
とにかく、伝奇である歴史書であるという前に、魅力的な読み物であったというのが自分の感想で、ザビエルについて知ることができてよかったというよりも、よい本に出会ったという感じが強い。

amazon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



・この本は決して悪意を持って書かれたわけではない。

書名どおりの内容、イスラム教という、我々日本人とは違った論理で動く存在を解説した本。
『イスラム教徒は「イスラム国」を否定できない』、『自殺はダメだが自爆テロは推奨する不思議な死生観』など、目次を眺めるだけでも刺激的でワクワクさせる。しかし内容はというと、わりと淡々とした文章で、ひたすら事実が積み上げられてゆく。その筆致は学者というよりもジャーナリストのようだ。
我々日本人から見れば「不思議」としか言いようの無いイスラム教の「論理」は、宗教に対してあまり関心の無い人が読んだ場合、あまりにも刺激的かもしれない。しかし、宗教は平和で穏やかなものという現代日本人の認識は、あくまでものの見方のひとつであって、決して正しいというわけではない。
結局のところ、我々には我々のものさしがあり、彼らには彼らのものさしがあるという事だ。この本をヘイト本であるなどというのはそれこそとんでもない事であり、そういった認識こそがイスラム教に対するヘイトではないか。なぜなら、それは我々のものさしで相手を一方的に測ることに他ならないからだ。彼らには彼らのものさしがあるわけで、それを忘れてはいけないだろう。



・世の中には根本的に理解できない人間がいる、でもそれは当たり前のことだ。

この本を読むとやはり、世の中には根本的に理解できない、OSレベルで違う人間が存在するんだなという、当たり前の事実に気付かされる。
かつて、神話に対して興味を持ったころ、どんなもんかと思って旧約聖書(読み易い再話本)を読んでみたらあまりにも異質な世界だったのでドン引きしてしまったことがある。世の中には、根本的に違う人間がいるもんなんだなと、深く感心したものだ。
ちなみに、聖書神話のドン引きエピソードベスト3はこれ。

1位 エジプトを襲った十番目の災厄
2位 ヨシュアが都市をズタボロにする件
3位 父親が息子を祭壇に捧げるやつ



この本を読むと、イスラム教というのも相当に理解しがたい異質な他者だという事がよく分かる。まあ、根っこは同じだから一神教が理解しがたいだけなのかもしれないが。
ともかく、この本を読んで考えさせられたのは、他者を理解するといことの難しさ、あるいは、他者を理解してしまうというのはちょっと危ない事なのかもしれないな、という事だ。
どういう事かというと、結局、人は自分の中に持っている物差しでしか他者を測れない、だから、理解するという事は逆に言えば、自分の持っている物差しに無理矢理相手を合わせてしまうという事かもしれないわけだ。理解してしまう事の傲慢さ・理解する事の軽率さ。
逆に言えば変に理解しよう寄り添おうとせずに、この本の著者のように、違うものは違うもの、理解できないものは理解できないものとして把握する、そういった営みこそ実は、他者理解の最初の一歩なのかもしれないな、と。
世の中には、自分の物差しで測ることのできない異質な他者が存在する、そんな当たり前の事実に気づかされる本。異質なものを理解する事の難しさについて考えさせられる。

amazon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『日本の風俗嬢』の著者中村淳彦による本。あの本はタイトルどおり日本の風俗嬢とそれを取り巻く環境を描いた本であり、貧困そのものはそこまで大きく扱われてはいなかった。
この本はタイトルの印象とは違い、貧困と風俗の関係を描いた本である。副題の『若者貧困大国・日本のリアル』こそがタイトルにふさわしいのでは?、と思ってしまう。

この本を読了して思うのは日本社会は壊れつつあるのではなく、もうとっくに壊れているということだ。そうとしかいいようがない。



・奨学金

奨学金というと一時期まではもらうお金だとばかり思っていたしかし、それがどうやら借金らしいという事を知ったのは数年前。
その時はニュースかなんかでチラッと見たぐらいなので、大学生たちがどんな状況にあるかは知らなかった。せいぜい、無知だったり切羽詰った学生がついうっかり奨学金を借りてしまい、それで苦しんでるんだろうなあ、くらいの感想。
まさか、ここまで酷い状況になっているとは知らなかった。

現代の大学生にとっては奨学金を借りて大学を卒業するという事が結構普通のことらしい。卒業したとしても借金が残り、ギリギリの状態で生活し、ブラック企業に酷使されてゆく。
著者は、ハッキリとこれは学生を狙った貧困ビジネスであるといっている。貧困ビジネスに国が加担しているのだ。


・真面目な女子大生ほど風俗を志向する

真面目で将来を考えている女の子ほど、真面目に風俗で働いてある程度貯金して就職する、そういった状況になっているらしい。というか、ほかに選択肢がない。
これが、風俗ではない普通のバイトだと、そもそも勉強する時間がない。働いて働いて、寝てまた働いて、なわけで余裕がないし金もたまらない。
その点風俗ならば、本人に資質がある場合きちんと働けばお金もたまるし時間にも余裕ができる。そして、就職活動にも集中できるとよい事尽くめなわけで、頭が良くてまじめな子ほど風俗にいくという、なんだかとんでもない状況になっているらしい。


・風俗に流れる男子大学生

そして、風俗に流れるのは女子大生だけではない、同性愛者相手にカラダを売る男子大学生も出現している。
もちろん金がないゆえだ、学費の高騰と親世代の経済的苦境が原因だ。これが著者によると「平成型苦学生」である。


・沖縄の貧困

沖縄の貧困も凄まじい、はっきりいって救いがない。ここまでひどいことになっているとは知らなかった。
まともな仕事がなく、公務員くらいしかまともな生活が出来る職業がないらしい。
普通に学生生活を送れるのは風俗嬢だけという現実にげんなりしてしまった。



読了してこれだけ陰鬱な気分になる本もめずらしい、一気にMPをもっていかれた感じだ。
本の中で二度も引用されている、大内教授の「日本はもう、壊れていますよ……メチャクチャです」という言葉が強く心に残ってしまう。
とりあえず、奨学金制度だけでも何とかすべきだろう。国が若者に金を貸して利子を儲けるなどあってはならないはず。
というかそもそも、奨学金などという名前のくせに内実はただの借金というのが恐ろしい…。

amazon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



解説によれば、北川歩実の作風はアイデンティティを揺らがせるのが作風らしい。
この作家の作品を読むのはたぶん二冊目だが、かつて読んだ本は短編集なうえに代表作でもなかったらしくさして印象に残っていない。よくあるというか、それなりの質をたもったミステリ短編集という感じで、読んで損をしたとは思わないものの、かといって得をしたとも思わなかったものだ。

さて、この作品は解説の笠井潔によれば、第一期を代表する傑作らしい。
分厚い分量に人類のアイデンティティという骨太なテーマを扱った本作だが、事実傑作だと思う、読んで得をしたと思える作品だ。
良質なミステリ作品というものは、ただたんに驚かせるだけでなく、ほんの少しだけものの見方・世の中の見方を変えてしまうような魔力を持っている。トリックを理解しすべての真実が明らかになったその瞬間、自分自身のなかにある物事を見る上での偏向に気づかされるわけだ。
そういった意味で、この作品は良質なミステリとしての資格を十分備えている。一読して、「人類のアイデンティティ」に対し少しばかり疑うようになってしまった。果たして「人類」であるという事はそれほどまでに自明な事なのだろうか?、と。

人間とそれ以外を区別する指標は何か?
色々な区別があるだろうが最も決定的で、そして、人類が鼻にかけているものは知性だろう。そして、その知性を証し立てるものとして言葉と文法がある。言葉を使い文法を操る、それこそが万物の霊長である人類の証である、と。
しかし、逆にいえば人類が人類なのは、その程度の根拠しかないという事だ。
この作品は人類と猿を対等に扱っている、対等に扱うという事がどういう意味か?、それは読んでもらうしかないが、切れ味鋭い真相とともに、読者の手には重い問いが残される。
人類とそれ以外を分かつものは何か?、と。

amazon honto
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ