カラスっぽいブログ

感想置き場、基本ネタバレなし リンクフリー



ソクラテスというと当然のことながら、「哲学」というジャンルに属するものと考えるのが常識だ。
古代の賢人あるいは聖人として、ブッダやキリストとならべて挙げられることの多いソクラテスだが、奇妙に感じた事はないだろうか?
明らかに宗教ジャンルの人物であるブッダやキリスト、孔子にくらべ、なぜひとりだけ哲学の偉人なんだ、と。
四聖人とかいって、なぜだか一人だけ哲学者のソクラテス、少しばかり浮いているというと言いすぎかもしれないが、なぜ一人だけ、「哲学」の人という事になっているのか?
こういった素朴な疑問を抱いた事のある人には、ぜひこの本をお勧めする。
この本は、そもそもにおいてソクラテスは宗教的な存在であったのが、後世の人間が脱色し、非宗教的な人間にしてしまった、と主張しているのだから。

ではなぜ、非宗教的存在にする必要があったのか、著者によればそれはキリスト教の「都合」であるという。
キリスト教という絶対的な宗教は、対等の存在を認めることはない、ソクラテスが宗教的存在だと都合が悪いわけだ。
かといって、邪神としておとしめるのは、その「思想」はあまりに惜しい。
ソクラテスをキリスト教が取り込むに当たって、ソクラテス像を歪曲する必要があった、そしてそれは、当然のことながら、キリスト教にとって都合のいいものになる。
そういった歪曲された姿のソクラテスこそが、現在我々のイメージする哲学者ソクラテスである、と。

著者は、ソクラテスの隠れた面、我々に知られていない、宗教的なソクラテスを読者に提出する。
しかし、その姿勢は非常に慎重である。
もうちょっと大胆に攻めてもいいんじゃないの?とも思うが、この慎重さは著者に対する信頼感につながるし、個人的にはむしろ好印象だった。
大胆な事を主張しているからこそ、なるたけ細心に慎重に、というのが著者のスタンスらしい。
なので、テーマがあまりにも大胆なのでいまいち食指が動かないという人もいるかもしれないが、なんかとっぴな事をいって人を驚かせようという感じとは程遠く、むしろ誠実ささえ感じるので、とりあえず興味のある人は読んで見て、という感じだ。


自分は結構前に読んで、今回は再読だったんだけど、普通に面白かった。
前読んだときは印象に残らなかったけど、今回読んだときは、中盤におけるテミス神に関する考察が結構面白くて印象に残った。
まあ、前に読んだときは、神話に対してあんまり興味もなく知識もなかったからかな…、テミス神に関する考察があることさえ忘れていたぞ。



タイトルどおりマリー・アントワネットを主人公にフランス革命を描いた歴史小説。
アントワネットと王家の運命を縦軸に、サド侯爵や、オリジナルキャラのマルグリッド、暗殺者のシャルロットコルデー、処刑人サムソンなどが登場するが、そういったキャラクターの「出演」が無理なく本筋に絡めてあり、自然に読み通すことができる。

とにかく、普通に面白かった。外国の歴史を題材にした作品なので、ものめずらしさや、はじめて知る史実であるが故の面白さ、という部分もあったかもしれないが。
読みやすさわかりやすさという点について言えば、かなり高い評価を下すことができる。
やはり、作者が日本人という事もあって、日本人向けにわかりやすく書いており、つまるような場面はない。
外国を舞台にした歴史小説と言うと、少しばかり気後れしてしまうかもしれないが、フランス革命という史実を知るに当たって、手ごろで読みやすく、そして面白い小説であり、歴史を知るために小説を読むという層に対しても、遠慮なく勧めることができる。


もちろん主人公はマリー・アントワネットなわけだが、彼女の輿入れから始まり、基本的には彼女中心の物語展開であり、一人の人間の人生を追っかけてゆくという感じなので、複雑さはなく、読みやすい。
フランス革命というものを彼女を取囲む現象として描いており、この小説の副題に、彼女から見たフランス革命、とつけても良いくらいだ。
と、言うのは、中盤以降から、彼女はフランス革命という現象に本格的に巻き込まれてゆくことになるのだが、一読者の印象としては、それが少しばかり唐突というか、気がついたら国民の反感を買っていて、いつの間にか包囲されていた、という感じだったりするのだ。
つまりは、アントワネットの主観と、読者の印象がシンクロする構成になっており、これは計算したものなのかどうかはわからないが、よい効果をもたらしている。

それだけでなく、先にも述べたように、サド侯爵やシャルロットコルデーなどといった脇役が、本筋に無理なく絡む事によって、本筋に彩りを与えており、物語を単調さから救っている。
とにかく、普通に面白かった、良い小説だった。
外国の歴史をてっとりばやく知りたいという欲求に答えてくれるだけでなく、小説としても普通に面白いというのが素晴らしい。
もしかしたら、フランス革命に詳しい人間ならば、いくつかつっこみどころを見つけて冷めてしまうかもしれないが、自分のように、さして詳しくない人間の場合、そういったこともなく普通に楽しめる。
多分だけど、初心者向けの本だと思う、あまり知識がないほうが、楽しめるのかもしれない。
というわけで、フランス革命に興味があって、手ごろな歴史小説を読みたいって思っている人には、手放しで勧めることができる。

amazon
王妃マリー・アントワネット〈上〉 (新潮文庫)
王妃マリー・アントワネット〈下〉 (新潮文庫)

kindle
王妃マリー・アントワネット〈上〉 (新潮文庫)
王妃マリー・アントワネット〈下〉 (新潮文庫)



70点 13時間



・システムと戦闘

メガテンらしからぬ2D見下ろしマップを採用したりしていて、パッと見は、いわゆる普通のRPGに見える。
が、しかし、中身に触れてみると、これは確かにメガテンだなと思わせる。
外伝とは銘打ってはいるが、メガテン的な雰囲気やシナリオを2D見下ろし型でやるとこうなるか、という感じで、ハードの貧弱さによるグラフィック面のしょぼさを脇に置けば、ちゃんとメガテンしている。

確かに、いくつかの面は簡略化が施されていて、本家の悪魔合体に比べれば本作の合体はややそこが浅いかなと思うし、プレイ時間を見ればわかるとおり、大ボリュームとは言いがたい。
人によっては、短編RPGにカテゴライズする人もいるかもしれない。(自分の印象としては中編)
システム面においては、メガテン入門とでもいうべきもので、煩雑さを排除し、非常にわかりやすくしているものの、あまりにもわかりやすく簡易なために、正直言ってやや単調という感じで、ヒリヒリするような戦闘を楽しむ事ができるのは、ラスボス戦くらいだったりする。

戦闘やシステムという面に関しては、低年齢向けあるいは初心者向けという感じで、いまいち印象に残らないし、もうちょっとだけ手応えがあってもいいんじゃないかなって気がする。
雑魚敵なんてほとんどオートで掃討できるしね、まあこれは、逆に言えばテンポがいいと言えなくもないけれど。おかげでシナリオがさくさく進むし。



・シナリオについて

シナリオに関しては素晴らしいの一言、絶賛というほどではないが、無駄がなく引き締まった内容で冗長さなどは皆無、登場人物ひとりひとりがきちんと生きており、わずかな台詞の一言一言から、彼らの生を感じ取ることができる。
特に印象に残ったのは、終盤において、登場人物たちにまつわるある秘密が明かされるシーン、これはすごく印象に残った。
お気に入りなのは、そのシーンでクラウが主人公に語りかける台詞、これがすごく胸をつくというか、妙な可愛さと迫力があって一気に作品世界に引き込まれる。
おかげでそのまま一気にラスボスを倒すところまでプレイしちゃったんだけど、RPGっていいもんだなあ、というしみじみとした気持ちに浸ることができたね。

自由度という面に関しても絶妙なバランスで、自由すぎもせず窮屈すぎもせず、きちんと冒険している感じをプレイヤーに抱かせてくれる。
序盤はさすがに一本道なんだけど、途中から行ける場所ってのが増えて、それが大抵ふたつからみっつくらいで、迷う事もないけれど、かといってやらされている感じでもないという絶妙なバランス。
世界そのものは狭いにもかかわらず、きちんと冒険感を出す事に成功しており、自由度とシナリオの匙加減が絶妙、この職人芸には文句なしに脱帽だ。

シナリオの展開は陰鬱というほどではないにしても、わりかしサクサク人が死ぬ内容で、油断しているとビビッてしまう。
その死に方というのも、結構あっけないというか、簡単に人は死んでしまうんだなと、妙な感慨を抱かせるのは、低年齢向けとしてどうなんだと思うが、メガテンなのだから仕方がない。
先に書いたとおり、雑魚的相手ではほとんどオートで済むうえに、パーティーメンバーがめまぐるしく入れ替わり、しかも適度に人が死ぬので、シナリオのテンポは非常に良く、世界を冒険しつつも、魅力的なシナリオに手を引っ張られながら進むという、RPGとして非常にバランスのいい作品である。



・まとめ、書き残した事

テンポよく進むシナリオとほどほどの自由度、そして魅力的なキャラクターたちに、終盤に待つ驚きの展開。
この作品は間違いなく、隠れた傑作の名に値する。

3DSのVCでプレイしたんだけど、600円かそこらの値段でこれだけ楽しませてくれるので、満足感がすごい。
コスパ的にみれば、かなり優良。
しかも、全体のボリュームもたいしたことがないので、大作RPGのように構える必要はなく、手軽にプレイできる。
何が言いたいかというと、みんなもプレイしよう!という事だ、そして人気が出てリメイクされればいいなあ~。
2Dでも3Dでもいい、リメイクして欲しい。この作品が埋もれたまんまっていうのはいくらなんでも惜しすぎる。
どうせならⅠもついでにリメイクしてセットで売ってほしい。
シナリオ的につながりがあるし、ⅠはⅠでまあまあ良かったからね。


書き忘れたけれど、音楽が地味に良かった、町でかかるやつが。
基本的には明るい曲調なんだけど、妙に寂しげでもあるという多面性を持った曲で、一見すると単純に見えてなかなかにそこが深い。
すごく個性的というわけではなく、心地よく聴くことのできるゲーム音楽という感じだが、聴きなれたなあと思ってぼんやり聞き流していると、突如としていつもとは違う表情を見せてくれたりする。
明るくて寂しげとは、矛盾した表現だが、事実そう感じてしまうのだから仕方がない。
印象に残るだけでなく妙な中毒性もあり、なんとなくあのメロディーが頭をついて離れない。

そんな感じで、印象に残った音楽なんだけど、残念ながらタイトルがわからないんだよね。
もしこの曲のタイトルがわかる人がいたら教えてください。



あらすじと攻略情報
ラストバイブル2の資料室

61点 プレイ時間 90時間



・俺のテイルズ体験

テイルズオブシリーズをプレイするのはこれで4作目になる。

初めにプレイしたのはPS版のファンタジア、これはプレイしたのが相当昔なので、記憶が遥か彼方へ飛び去っており、そこそこ面白かったです、という、小並的感想しか言えない。

次にプレイしたのはPS2版のアビス。
これは、とても面白かった。
魅力的なキャラクターに激動の展開を迎えるシナリオ、そしてボリュームもたっぷりで、これぞ大作JRPGという感じがしたものだ、。
この作品に対しては結構満足していて、なかなか良い印象を持っている。
特に、パーティーメンバーのギスギス具合が大変良い感じで、空気の悪さがすごく印象に残っている。
そういったギスギスしたパーティーが、色々な経験をつんでゆくことで、次第次第に固い絆で結ばれてゆくという、一緒に旅をしているんだぜ感に満ち溢れており、そこが良かった。
どうやらテイルズオブシリーズでも評判の良い作品らしく、ファンが多いのも納得の出来。

その次にプレイしたのは、イノセンス(DS)。
これは…、ちょい微妙な出来だった。
シナリオそのものはまあまあ悪くはないものの、ダンジョンのつくりがやたら単調で、思いっきり飽きが来る。
めんどくせぇなあ、と思いながらプレイした記憶がある。
後おっきいのは、好みのキャラがあんまいなかったところかな。
かろうじてアンジュは好みだったんだけれども、他のパーティーメンバーにはひとりとして好みのキャラがおらず、ちょっとつらかった…。
あと、パーティーそのものにもあまり魅力を感じなかった…、まあこれは好みの問題かもしれないけれど。


そんな感じで、このハーツが4作目。
これからこの作品の感想を書こうと思うんだけど、読んでくれる人にはひとつ、注意をしておきたい。
というのは、自分の場合、テイルズオブシリーズのプレイの仕方がかなり特殊だったりするという点だ。
自分は反射神経が鈍く、反射神経をバリバリ使うようなジャンル(格ゲーとかアクションとか)が非常に苦手で、ほとんど楽しめない。というか、楽しいと思ったことがない。
なので、RPGとはいえテイルズオブシリーズのように、戦闘がアクションの作品はあまり楽しめないという事になる。
要するに、あまり向かない人間がプレイしているわけで、そういった部分は差し引いて欲しい。
アビス、イノセンス、ハーツ、の3作品にいたっては、雑魚敵からラスボス戦まですべての戦闘をオートでプレイするという、少しだけ異常なプレイスタイルだったりする。
そういった点を頭に入れておいて欲しい。



・戦闘とかシステム抜きで、シナリオとキャラに特化した感想

テイルズオブシリーズというと、どんなイメージがあるのだろうか。
自分の場合、この作品を含めても、たった4作品しかプレイしていないから語る資格はないかもしれない。
しかし、ネットを覗いて世評を拾ってみると、どうやら、シナリオやキャラの面でややとんがった感じの作風であると、認識されているらしい。
ほとんど必ずといってもいいほど、パーティーメンバーから裏切り者が出る、とか。
人種差別と宗教の問題を扱っている作品があったり、とか。
劇的な形で重要キャラクターが死亡する、とか。

こういった世評がもし正しいものとするならば、この「テイルズ オブ ハーツ」は、めずらしく、テイルズらしくないとがらない作風であるといえる。
確かに、部分的に「とがった」と評すべき部分がないでもない、しかし、それはテイルズオブシリーズのお約束をきちんと表現したら結果的に少しばかり「とがった」という事に過ぎぬのではないか?
この作品は、DSという事もあり、かなり安心できるというか、いい意味で丸い作風で、皮肉ではなく優等生的な作風であり、割と安心して楽しむ事のできる作品だ。


ねむり姫をモチーフとしたシナリオはなかなか良い、特にラストは、収まるべきところに収まったという、妙な安心感があり、満足感とともにエンディングを眺める事ができる。
この、収まるべきところに収まった、という感想は、なかなかに説明しづらいものがあるのだが、説得力があったとか、必然性があったということではなく、見ていて安心できるというか、ほっとする感じとでもいうもので、これは良質な昔話の結末を見たときの感覚に近い。
この感覚は狙ってやったのかどうかはわからないが、ねむり姫をモチーフとした物語には似合いの結末で、これでよかったと思うし、この作品には非常にふさわしいと思う。
衝撃的なラスト、とか、考えさせる結末などという作風には程遠く、童話的で昔話的な結末は、DSというプラットホームにはお似合いだと思う。


キャラクターについて言っておきたいのは、どのキャラが魅力的だとか、このキャラが印象的、とか言う以前に、パーティーメンバー全員がきちんと主人公しているところで、これはなかなかめずらしい作品なのではないかと思う。
6人いるうち、誰が主人公でも違和感がない、それぞれに物語があり、それぞれに成長がある。
誰か1人が中心という事はなく、ひとりひとりが無理なく主人公をやっており、誰かを中心に集まったというよりも、小さい中心が一つ一つつどったという感じだ。
こういった印象を抱かせる作品はなかなかにめずらしく、今までの自分のRPG人生を振り返って見ても、この作品のように、全員がきちんと主人公している作品というのは一つとして思いつかない。
きちんと時間をかけて脳内ハードディスクに検索をかけても、見つかる自信はない、もしかしたら、こういう作品は初めてなのかもしれない。
そういう意味では非常にめずらしく、貴重な作品であると言える。





 vitaのリメイク版は、シナリオは改悪らしい。詳しくは以下を参照。

リメイク版の長所と短所をわかりやすくまとめてある。どちらをプレイするか迷っている人は必見。
テイルズ オブ ハーツ R - ゲームカタログ@Wiki ~クソゲーから名作まで~

 原作からカットされたシーンをまとめてある。大事なシーンばかりで唖然。(ネタバレ多め)
テイルズオブハーツR シナリオ変更点羅列 シナリオカットの嵐で改悪の声も

このページのトップヘ